有料会員限定

聞き役に徹することがトップ営業への近道に 営業|「クッション言葉」と「拡大質問」を駆使

印刷
A
A

すぐに使えるトーク術を元リクルートのトップ営業マンが伝授。

イラスト:十時朱視

特集「無敵の話し方」の他の記事を読む

営業における顧客との関係性には5つのステージがある。営業がレベル1の「警戒」から始まるのは当然の定めだが、その後いかに深く顧客と関係を築いていけるかはコミュニケーション、とりわけ話し方がものをいう。

丁寧な言葉遣いを心がけていればレベル2から4の「安心」「親和」「信用」まで至るのは意外と難しくない。しかし、レベル5の「信頼」までお客様と関係性を深められる営業担当はわずかだろう。

私はリクルート時代、プレーヤーとマネジャー両部門で年間トップ表彰を4回受けたが、これもレベル5の関係性で顧客とお付き合いできたからだと思う。顧客が困ったり迷ったりしたときに相談され、社内の人以上に頼りにされることもある。ここまで信頼を得るために必要なのは、顧客を主役として立て、自分は聞き役に回る、という徹底した姿勢だ。顧客と自分が話す割合は7:3ぐらいを意識してほしい

例えば会話中、「なるほど」や「そうですよね」と相づちを打っていないだろうか。これらの言葉は使えるのだが、意外とそこで会話が完結してしまう。その点、私なら「そうなんですね」と関心や共感を示した後、すかさず「それはどのような感じなのですか?」と再びマイクを顧客に戻す。「イエス」「ノー」で答える質問ではなく、「どうして」、「どんな」、「どのように」などの疑問詞を付けた「拡大質問」で聞けば、顧客は自由に語るべき言葉が増える。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
無敵の話し方
避けるべき「4H」
『トヨタの会議は30分』著者が解説
会議|意思決定、アイデア出し、進捗管理の3会議
二重敬語に要注意
会見|「謝れば収まる」は錯覚
インタビュー/国際ネゴシエーター 島田久仁彦
交渉|相手の言い分をよく聞く
インタビュー/ジャパネットたかた創業者、A and Live代表 髙田 明
営業|「クッション言葉」と「拡大質問」を駆使
声までよくなる話し方レッスン
ビジネスケース別「ちょっとした一言」
雑談|チームになぜ雑談は必要か
意見提案|「今お忙しいですか?」は禁句
評価面談|まず褒めて最後も褒める
インタビュー/『人は話し方が9割』著者が助言
褒め方&助言|「本音」 「納得」を引き出すトヨタ式
言葉は人生を変える
プレゼン(実践編)|「TEDトーク」最高のプレゼンはここが違う
あのとき語った!あの人による
ソニー歴代トップの元スピーチライターが伝授
インタビュー/作家・元外務省主任分析官 佐藤 優
無敵の話し方
12のスキルを完全レクチャー!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内