「XC40」PHVから見えたボルボ電動化の深謀遠慮

日本導入全車両を完了、クルマと環境の今後

ボルボが日本に導入する全車両の電動化を完了。そのうちの1つ、SUV「XC40」のプラグインハイブリッドモデルに乗り、クルマと環境のこれからを考えてみました(筆者撮影)

量産型ハイブリッドカーであるトヨタ自動車「プリウス」が誕生したのが1997年。20年後の2017年にはトヨタにおけるハイブリッドカーの世界販売台数が1000万台を超えた。初代プリウスの開発責任者であった内山田竹志氏は「ハイブリッド車に乗っているひとは“おたく”だと言われました」と当時を振り返る。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今やハイブリッドカーは当たり前の技術となり、乗用車だけでなくトラックやバスなどの商用車、2輪車(モーターサイクル)にまで普及。車両価格にしても、ベースモデルでありハイブリッドシステムを持たない純粋な内燃機関車と比較した場合で15~20%程度の上昇にとどまる。また、システムこそ限定されるが電車や船舶では乗用車の普及前から実用化が進んでいた。

ところで、改めてクルマにおけるハイブリッドシステムとは何か? ハイブリッドカーは内燃機関のみのベースモデルから燃費数値を1.5~2倍程度に向上(≒その分、CO2を削減)させ、これまで温暖化防止策として効果を発揮してきた。 

内燃機関(ICE)に電動モーターを組み合わせることからハイブリッドシステムを名乗るわけだが、細かくはシリーズ、パラレルなど各方式があり、それらを融合させたもの(例/トヨタ「THS-Ⅱ」)まで存在する。いずれにしてもわれわれは、内燃機関をアシストしたり、ときに電動モーターのみで走行したりして燃費性能や走行性能を高めるクルマをハイブリッドカーと呼んでいる。

XC40は直列3気筒1.5Lターボエンジンに電動モーターを組み合わせている(筆者撮影)

マイルドハイブリッドが輸入車から続々登場

昨今、「マイルドハイブリッドシステム」なるものを備えたモデルが輸入車メーカーから続々と登場、国産車メーカーでも搭載車が増えてきた。マイルドハイブリッドシステムの考え方は以前から存在し、プリウスに続いて2001年にはトヨタ「クラウン」にマイルドハイブリッドシステムが実装された。

「THS-M/トヨタマイルドハイブリッドシステム」と命名されたクラウンのマイルドハイブリッドシステムは市販量産車として世界初の技術。直列6気筒3.0Lエンジンのクランク軸に直結させた発電機兼小型モーター(3kW/56N・m)と、36Vの2次バッテリー(シール型鉛電池)でシステムを構成する。

次ページマイルドハイブリッドのこの先は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT