コロナに負けない「金持ち企業」最新トップ500

上位は「巣ごもり消費」で好調な有名企業!

2位は、任天堂の1兆2167億円(前回は1兆0829億円)。2020年3月期はゲーム機「Nintendo Switch」シリーズの販売台数が大幅に伸びたことに加え、「ポケットモンスター ソード・シールド」「あつまれ どうぶつの森」といった人気タイトルの続編が好調な売り上げを記録した。その結果、営業利益は3523億円(前期比41.1%増)となり、キャッシュも大きく積み上がった。

巣ごもり需要の拡大で販売台数はさらに伸びており、11月5日に2021年3月期の業績見通しの上方修正を発表。営業利益は前回予想から1500億円増の4500億円になった。Nintendo Switchの予想販売台数は、期初予想から500台増の2400万台、ソフトも3000万本増の1億7000万本に上方修正している。

3位は、半導体シリコンウエハで世界首位に立つ、信越化学工業の1兆0644億円(前回は1兆0274億円)。2020年3月期の営業利益は4060億円で、前期に比べて0.6%の微増だった。

同社のIR資料には「世界経済は、感染や健康不安に由来する需要の減退や変容がいくつかの市場や地域でまだ見られており、今後も続きうる状況です。その中で当社グループは、すべての事業を伸ばすための取り組みを推し進めてまいります。開発投資も緩めず、早期に実現させてまいります」とあり、潤沢なキャッシュを元手に一段と競争力を高めていく構えだ。

以降もトップ10圏内には、4位のキーエンス、5位のファーストリテイリング、8位のファナックと、日本を代表する有力企業が並ぶ。

2008年秋のリーマンショック時に頻発したのが「黒字倒産」だ。決算上の業績は黒字なのに、資金繰りが急速に悪くなった企業が何社も倒産した。逆にいえば、本業がいくら赤字であってもキャッシュが回り続けていれば、企業が潰れることはない。

一方で、ネットキャッシュが積み上がっていることだけを単純に喜べない。コロナ後を見据えれば、新しい時代に求められる製品・サービスの開発に向けた投資にも、潤沢なキャッシュを回していく必要がある。

その意味において、今回のランキングはアフターコロナの有望企業を探す、1つの手がかりになるかもしれない。それでは、最新ランキングを見ていこう。

次ページ【ランキング表】「金持ち企業」1〜50位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT