コロナでどうなる「借金企業」ランキングTOP500

アフターコロナに向けた成長の布石を打てるか

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(撮影:尾形文繁)

12月5日に配信した「コロナに負けない『金持ち企業』最新トップ500社」には、多くの反響が寄せられた。

同ランキングでは、企業の財務健全性を示す指標として、ネットキャッシュ(現預金+短期保有有価証券-有利子負債-前受金)が多い会社を抽出したが、今度はその逆。手元資金に対して借り入れが大きい=ネットキャッシュのマイナスが大きい上場企業の上位500社になる。

各社の財務諸表に記された各項目から、ネットキャッシュを割り出した。例年同時期に同じ内容のランキングを公表しており、今年は7月にコロナ不況を受けて半年前倒しで掲載したが、今回のものが2020年決定版だ。

なお、自動車メーカーは自動車金融(ローン)事業を持っており、ネットキャッシュを計算すると見た目のマイナスが大きく膨らみ、実態を正確に示せない。そのため、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車などは前回に続いて今回もランキング対象外とした。金融系企業も原則除いている。

ネットキャッシュのマイナスが1兆円以上は36社

最新ランキングの1位は、ソフトバンクグループだ。ネットキャッシュは2020年3月末時点で9.8兆円のマイナス(前回は11.8兆円のマイナス)。2013年にアメリカの携帯会社スプリント(現・Tモバイル)や、2016年にイギリスの半導体設計大手アーム・ホールディングスを買収したことが巨額負債の原因となった。

最新の『会社四季報 2020年4集秋号』は発売中。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ただ、今年3月には自己株式取得と負債削減のために、保有資産を売却する方針を発表。その一環として実施したTモバイル株式の売却や、子会社ソフトバンク株式の一部売却などをにより、資金化額は計画を上回る5.6兆円に達している。

そのほか上位にはインフラ系や総合商社、不動産、鉄鋼メーカーなど、いわゆる重厚長大産業が目立った。ネットキャッシュのマイナスが1兆円以上は36社、同1000億円以上は177社だった。22位にランクインしたENEOSホールディングスは6月に、JXTGホールディングスから社名変更している。

ネットキャッシュのマイナスが大きいと財務の安全性が不安視されるかもしれないが、歴史的な低金利が続く中、借り入れを活用し、事業拡大のための投資に振り向けることは理にかなった経営スタイルだ。その一方、「コロナ不況」の深刻化が懸念され、決算上の業績は黒字なのに資金繰りが急速に悪化してしまう不安がないわけでもない。

ウィズコロナの資金繰りに配慮しつつ、アフターコロナに向けた成長の布石を打つことができるか。経営者は難しい舵取りを求められている。それでは、最新ランキングを見ていこう。

次ページまずは1〜50位のランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT