明石家さんま「人生で一番ウケたネタ」の中身

人を笑わせることに人生をかけた男の高校時代

明石家さんまのお笑いの原点は高校時代かもしれない(写真:共同通信) 
いまだにテレビで見ない日はない「国民的芸人」の明石家さんま。そんな稀代の芸人にほれ込み、自らを「明石家さんま研究家」と名乗るライターのエムカク氏が、本人の証言と膨大な資料とともにさんまの誕生からスターになるまでの経緯をたどった『明石家さんまヒストリー1 1955~1981「明石家さんま」の誕生』が発売された。
今回はその中から、さんまの親友の存在とさんまが人生でいちばんウケた日のエピソードを紹介する。

漫談の才能に教師も驚く

高校生の杉本高文(明石家さんま)は、親友の大西康雄と過ごす日々が楽しくて仕方がなかった。2人の周りにはいつも笑い声が響いていた。人を笑わせると自分も笑顔になれる。大声で笑うと嫌なことをすべて忘れることができた。

部活の帰り、行きつけの食堂で仲間たちとうどんを食べながら、その日笑わせたことを振り返り、その余韻に浸りながら、「次は何をして笑わせようか」、高文はそう考えるだけで心が弾んだ。

テレビ、ラジオの演芸番組を熱心に見ていた高文は、落語の演目を覚え込み、クラスメイトの前で演じることもあった。落語よりもよくウケたのが、中学生の頃から披露していた漫談だった。

アニメ『巨人の星』の登場人物である星飛雄馬、伴宙太、花形満、星明子を1人でこなす「ひとり巨人の星」と題したものまねや、声を出さずにスポーツ選手などの形態や動作をまねる「形態模写」を織り交ぜながら、時間の許す限り、ひたすらしゃべり続けた。

これを見た英語教師の坂本は、高文の笑いの才能に驚き、授業を時々中断しては、高文に新作漫談を披露させるようになる。高文は毎回、テレビ、ラジオからネタを仕入れ、期待に応えていた。

ある日、坂本は高文の漫談をひとしきり聞いた後、感心しながらこう告げた。

「杉本、おまえ、吉本入れ」

教室中に笑いが起こった。高文は人を笑わせることが好きではあったが、このときはプロになる気はまったくなかった。

「芸人って売れへんかったら悲惨やろ?」

「おまえは絶対いける。俺が保証したる!」。坂本の顔は真剣そのものだった。高文は照れ隠しでこう返した。

「売れへんかったら、先生の養子にしてもらうで?」

「……それだけは勘弁してくれ」坂本の顔がほころび、教室がワッと沸いた。

さんま「毎日毎日、何やって笑かそうかばっかり考えていたね。もうその時点で大学へ行く気なかったし。机に向かっては、きょうこのギャグやったから明日は何して笑かそうかって、そればっかりや」(明石家さんま『ビッグな気分』集英社、1980年)

次ページさんま、人生でいちばんウケた日
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT