23年下男性との「最高の結婚」で彼女が得たもの

仕事第一だったのが、彼一番に変わった瞬間

23歳年下のMr.シャチホコ氏と結婚したものまね芸人のみはるさんに、結婚前と結婚後で変わったことなどを伺いました(撮影:今井康一)

2018年にMr.シャチホコ氏と結婚したものまね芸人のみはるさん。23歳差、ものまね芸人同士という関係、子どものこと……さまざまなハードルを乗り越えた2人の結婚生活について語ります(前編はこちら)。

ふられても後で自虐ネタになればいい

植草美幸(以下、植草):普段、お宅での会話で世代間ギャップを感じることはありますか。

この連載の一覧はこちら

みはる:だんなさんが昭和歌謡がものすごい好きなので、「いい曲見つけちゃった」と言ってYouTubeを見せてくれたら、大体自分がリアルタイムで聞いていた曲だったりして、出会った頃から自然に会話が弾んでいました。学生時代から「お前、じじくさい」って言われていたみたいです。

植草:仕事場では先輩と後輩という関係ですが、そんな感じなのでしょう?

みはる:ステージに立つと先輩も後輩もないと思っているので、そこまで「後輩」という意識はありません。

植草:おうちの中でシャチホコさんの芸を見てあげて、客観的にアドバイスすることもあるんですか。

みはる:ありますね。それはお互いに。

植草:お互いに?

みはる:それぞれにやりたいネタなどには、先走って口出しはしないようにしていますが、最終チェックみたいにアドバイスを求め合ったりはします。私もだいぶ先輩になってしまったので、周りも違いますよと言いにくいと思うので。

植草:お互い高め合えていいご夫婦ですね。そもそも、互いに年齢を知らずに惹かれ合ったというのはうらやましい話ですね。

みはる:芸能界ならではかもしれません。婚活の場合は、当たり前のようにプロフィールがあるので、数字が見えてしまいますから。そのハードルがもし下がれば、もっと婚活しやすくなるかもしれないですね。

次ページ離婚後はずっと仕事第一だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT