世界も注目。日本の新星ファッションブランド アンリアレイジ、世界への挑戦(前編)

印刷
A
A

――そのときは、洋服で食べて行くということに、抵抗はなかったのですか? 早稲田大学を出て、会社員で生きて行くという選択肢も、この時点ではまだ残していたのでしょうか。

まだ残されていました(笑)。その後、僕は、ファッションショーをしたくて、大学内でやったり、いろいろなクラブやライブハウスとかを借りて、ショーをしていました。その写真とファッションショーのビデオを通信販売のカタログにして、郵送でいろんな人に配ったりしていたのが、意外とビジネスというか、おカネになって。

――そうなんですね。

当時、自分の中では、1着売れて1万円でも高いというイメージだったのです。自分がアルバイトして1万円稼ぐのと、今日1日縫って、これが1万円に替わるのだったら、ずっと自分の洋服を作って、毎日1日1着でも売れるようなものにできたらいいな、と思っていました。それに、けっこう注文もたくさんたまっているような状態でした。

僕が大学3年生頃には、もうアンリアレイジの前身となるような構成で、この組織ができていて、後輩とか、ファンもすごく増えていました。

――では、もう、そこからは迷わずに?

そうですね、大学卒業が近づくにつれ、「どうするか?」となったときに、今一緒にやっているプレスのIさんと、もうひとり、中学からの友人Mくんと僕の3人で、おカネ出しあって起業して、25歳くらいまでは、やりたいようにやってみようかって。

――頑張って2~3年はやってみよう、というところから始まったのですね。

そうです。それがこうなりました。

――10年で、ここまでの成長はすごいですよね。現在のビジネスは、国内で3店舗(路面1+ショップインショップ2)、卸取引約30件と、海外卸も約10件。受賞歴もたくさんありますし、海外からの評価もすごく高いです。

いや、ここまでの道のりは長いほうだと思いますね。誰かに任せず、全て自分たちの手で、分からないことを一つ一つ勉強しながら築いてきたので、時間はかかりました。始めるのが早かったので、まだ30代前半で、いろいろなことをやっていると思われますけど。普通にブランドを始めて、だいたい4年目とか5年目でこれくらいになると思うので、普通の人の倍くらいかかっています。

   

神田氏からもらった、日の丸Tシャツがかかるオフィスにて
 
アンリアレイジ デザイナー 森永 邦彦
1980年東京都生まれ。早稲田大学、バンタンデザイン研究所卒業。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。 2006年春夏より東京コレクションに参加。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2012年、個展「アンリアレイジ展 A REAL UN REAL AGE」(パルコミュージアム・東京)を開催。 2013年、「フィロソフィカル・ファッション2 : A COLOR UN COLOR」(金沢21世紀美術館・石川)を開催。

 

さて、次回は、アンリアレイジのアイデアの実現の仕方や失敗談、さらに森永さんの仕事哲学にも迫ります。

※ 後編は、6/11(水)に掲載します。

 

〈こぼれ話:アンリアレイジのブランド名〉
森永氏:「日常と非日常」というのがテーマです。でも、日常を作りたいので、(ブランドの頭文字は)Aにしています。“A REAL”な。Uの方の“UNREAL”だとよく思われるのですが、“非日常的な”、“アート的な”、着ることができない洋服を作るのではなくて、A REALな日常の洋服をずっと目指している。というところから、最初は、Aにあえて変えています。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT