「腰が重い」プロ野球界、コロナで変化したワケ

歴史的なJリーグとの連携、徹底的な感染対策

新型コロナウイルスの感染対策として、マスクと手袋をつけて接客するビールの売り子(写真:時事)

今年のプロ野球のペナントレースはずいぶん長かったように感じた。実際には今季は5カ月弱であり、例年より1カ月も短かったのだが、コロナ禍で大揺れの中でのシーズンは、多難の一語に尽き、閉幕までが長く感じたのだ。

それでも両リーグで720試合を1試合も欠けることなく開催することができたのは、実に幸いなことだった。阪神、巨人、ロッテなどで選手、関係者に陽性者が出たが、試合中止に至ることはなかった。

従来、プロ野球を運営するNPB(日本野球機構)は、現体制を変えたり、改革することに対して消極的で「腰が重い」という印象があったが、コロナ禍に関してはかつてない積極的な姿勢が目立った。

歴史的なJリーグとの連携

まず、新型コロナ感染症対策を立てるにあたって、Jリーグと連携したことだ。2019年にJ1からJ3まで合わせて約1040万人の観客を動員したJリーグは、約2650万人の観客を集めたNPBに次ぐプロスポーツだ。

しかしNPBは、これまでJリーグとはほとんど没交渉だった。2011年の東日本大震災の際にも、NPBとJリーグがシーズン開幕や運営、被災地支援活動について歩調を合わせることはなかった。

それだけでなくNPBはJリーグやBリーグ、日本ラグビーフットボール協会なども加盟している日本トップリーグ連携機構にも加盟していない。永年、「国民的娯楽」として圧倒的な人気を得てきたNPBは、ほかのスポーツ団体と連携することなど眼中にないように思われた。

しかし今回、NPBとJリーグは3月、共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立、専門家チームから提言を受けた。NPBとJリーグは歩調を合わせて無観客でシーズンを開幕させ(Jリーグは再開)、徐々に観客数の上限を増やしていった。

日本のプロスポーツを代表する2つの競技団体が問題意識を共有し、情報交換をしながらリーグ戦を運営したことは誠に意義深い。日本スポーツのために今後も手を携えて歩んでほしいと思う。

次ページ球場での徹底的な感染対策の中身
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT