東大生があこがれる“伝説の先輩”の考え方

ハーバード、イェール、スタンフォード、若き経済学者のアメリカ

海外に行けばいいことがある、とはかぎらないからこそ

どうしてこんなものを思いついたのか、と聞くと、「夢にインドの神様が出てきた、教えてくれた」と……。

僕には神様は見えないなって(笑)。

ハーバードでは「神様が…」と言ってくるやつはいなかったですけど、自分が到底想像できないようなことを思いつく人には、日常的に出会いました。

世界は広い。すごい人がたくさんいます。そういう人たちに囲まれていると、不安になることもあります。でも、それってすごく刺激的で、楽しいことだったりもするんですよね。

だから、もしやりたいことがあって、それが海外で実現できそうなことなら、多少の不安やつらいことはあっても、飛び出してみればいいのではないでしょうかね。

インタビューを終えて

研究者を目指す者なら、ハーバードで学び、スタンフォードで研究し、教えてみたいと、夢見ることはあるだろう。

しかし、それが現実になれば、味わう競争の過酷さやプレッシャーは、想像以上のものだろう。小島さんの話を聞いて、そんな厳しい環境で生き抜くための重要なポイントを2つ見いだせたような気がする。

まず、自分のやっている仕事が大好きだ、ということ。そして、あくまでマイペースに、世間を気にすることなく、淡々と仕事をしていく、ということだ。

小島さんには、変な気負いがまったくないし、自分が好きなことをやれて満足していればそれでいい、という自然体の雰囲気を感じる。

研究者の卵をはじめ、この記事を読んでくださっているみなさんも、自分の気の赴くままに、好きで仕方がない自分の研究分野の最先端が行われている場所へ、出て行ってみたらどうだろう。いまだ見ぬ景色が、待っているはずである。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT