東大生があこがれる“伝説の先輩”の考え方

ハーバード、イェール、スタンフォード、若き経済学者のアメリカ

「博士」という存在の扱いが、日本とは違う

――職場環境はどうでしょう? 業務内容や給与などに関しても教えてくださるとうれしいです。

これがスタンフォードのオフィスだ

日本の大学で働いたことがないので、何とも言えませんが、周りの話を聞くかぎりでは、日本と比べて、事務作業の負担が少なく、学者の主な仕事内容である研究に割ける時間が多いようです。

特に、若い研究者には、事務仕事の負担を少なくしよう、という配慮があるように感じます。給与は、正直、日本と比べるとかなり高いと思いますね。

――日本と比べ、アメリカの研究環境は整っているようですが、その分、研究者の就職活動は熾烈になっているのではないでしょうか?

確かにアカデミックポジションをめぐる競争は激しいのですが、でも、アメリカでは博士号取得者にとってのチャンスが、ある意味では日本よりもたくさんあるように感じます。

学者向けのジョブマーケットも整備されているし、雇用の枠も多く確保されています。

また、博士号を取って、コンサルティングファームや投資銀行に行く人もいるし、「博士」という存在の扱いが、日本とは異なっているように思います。

もちろん、大学院入学の競争は、世界中から猛者が集まってくるので、熾烈を極めます。僕も出願のときは苦労しました。英語もできませんでしたし、そもそも出願書類として何が必要なのかもよくわからず……。

「詰め込み教育」が助けになってくれる?

――海外の大学院留学への出願や、海外における研究者の就職活動の中で、日本人としての強みというものを、感じたことはありますか?

僕のやっているミクロ経済学に関して言えば、日本人が過去に世界的業績を上げてきたこともあり、評判が味方をしてくれるところがあります。そもそも、東アジア出身者は数学的な基礎力が高い人が多いです。

これは、いわゆる「詰め込み教育」などと批判される場合もありますが、就職の第一歩でもある留学の出願などでは、大きな助けになっているかもしれません。

ただ、同時に、東アジア出身者は英語によるコミュニケーションがヘタだ、という評判も割と定着している感があり、その点ではかなり不利になる可能性もあります。

――専門性は言うまでもありませんが、英語はどこまで必要なのでしょう?

英語はそれなりに重要です。というのは、大学やMBAで教えるために、ある程度の英語力が必須だからです。

とはいえ、経済学は、ほかの分野(特に人文・社会科学)と比べると数学などの比重が大きく、言葉による壁はどちらかというと小さいので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

それでも、授業は今でも緊張します。最初の時期なんて、もう……。

次ページ「日本にいたら味わえない」の意味とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT