コロナ禍で急増「自分を監視したい人々」の怖さ

世界は全体主義に巻き込まれようとしている

國分:軽信とシニシズムの共存、これがアーレントの指摘した大衆社会の特徴であり、またわれわれが生きる現代社会の特徴でもあると思います。そして繰り返しますが、アーレントはこのような大衆社会が全体主義の到来を許したと考えていたわけです。

中島:価値や意見が何なのかが、どんどんわからなくなっているのですね。そこに、大きな意味での民主主義の危機があるように思います。

國分:それが日本で顕著なのかどうかも気になるところです。ガブリエルさんとは、2018年の来日時に「民主主義」をテーマに対談をしました。

その際、彼がドイツ基本法(=憲法)第一条にある「人間の尊厳は不可侵である」という価値を、ドイツ人は誰一人も疑っていないと自信をもって述べたことが強く印象に残っています。「人間の尊厳は不可侵である」というのは価値であり理念ですよね。一つの価値を不可侵のものとして掲げることは、法学的には立憲主義ということになります。そして立憲主義はある面では民主主義と対立する。

というのは、民主主義とは、デモス(民衆)の支配のことであり、つまり民衆が権力を作り出し、決定を下すことであるわけですが、立憲主義はある価値観に基づいてそれに制限を加えてくるからです。

民主主義と立憲主義のバランス

國分:民主主義はみんなで決めることに重心がかかっている。それに対して立憲主義は、みんなで決めたことであってもルールに反していれば無効にするということです。

ガブリエルさんはあのとき、価値が共有されてこそ民主主義も可能になることを強調していました。確かにそういう面もある。民主主義的決定が及ぶ範囲をあらかじめきちんと決めておくということですね。

ただ、僕はそれとあわせて、民主主義と立憲主義は別の原理であるということを強調しなければいけないと思っています。

「価値なるものがあることを当然の前提にしておかないといけない」という中島氏(撮影:五十嵐和博)

中島:樋口陽一先生をはじめとする憲法学の言葉を借りれば、立憲主義と民主主義という緊張関係にある両極のどこにバランスを取るのかは、各国それぞれの歴史が反映されているわけです。

國分:もちろんドイツの歴史を見れば、民主主義がナチズムという大変な惨禍を招いたという歴史があるので、立憲主義が強いのは理解できます。だとしても、彼がドイツ人は「人間の尊厳は不可侵である」という価値を誰も疑っていないと堂々と言い切ったことに僕はびっくりしました。

日本国憲法にも「基本的人権の尊重」というすばらしい価値が書き込まれている。けれども、僕は日本国憲法にある「基本的人権の尊重」という価値を疑っている日本人は一人もいないなどと言うことはできない。

中島:価値なるものがあることを当然の前提にしておかないと、あるタイプの価値相対主義のような攻撃に対して無力になってしまうことが結構あります。では、その価値を支える根拠は何か。それは哲学でも問われていますし、國分さんが指摘された立憲主義と民主主義の関係を考える際にも問われていると思います。

國分さんとの対談の記録を読むと、ガブリエルさんは事実から価値を導き出せると述べている。これは興味深い指摘です。

次ページ現代のデモクラシーは悪しき民衆主義に接近
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT