「スマホばかり触る人」が見逃す筋肉のサイン

元格闘家が実践する「疲れた心を整える」筋トレ

スマホやパソコンに向かっているときの姿勢をチェック(写真:マハロ/PIXTA)

筋トレは体をただ鍛えるだけではなく、疲れた心を整える目的としても活用できる――。『ビジネスエリートがやっているファイトネス~体と心を一気に整える方法』を上梓した、元総合格闘家で企業研修トレーナーの大山峻護氏が、自身の考案したエクササイズの方法を紹介します。

体の動きで前向きな心をつくる

わたしは、晴れた日に空を見上げるのが大好きです。澄み渡った青空を見ると、背筋がスッと伸び、心も晴れやかになります。それどころか体も軽やかになったように感じ、体を動かしたくなってきます。反対に、仕事がうまくいかないときは、背筋が丸まり、心も沈みがちです。そんなときは体も重く、何もやる気が起きません。みなさんもそのような経験をしたことはないでしょうか。 

かつて、わたしが総合格闘家だったころ、結果が出ない日々に強いストレスを感じていました。ヴァンダレイ・シウバ選手、ダン・ヘンダーソン選手、ミルコ・クロコップ選手ら、格闘技の世界で頂点に立つ強豪たちと対戦しましたが、その高い壁に何度も跳ね返され、その度に、気持ちを入れ替えて次の試合へと走り出していました。

現役当時の戦績は、33戦14勝19敗。これを見てもわかるとおり、決してキラキラした現役時代を送ってきたわけではありません。ただ、負けが多かった分、立ち上がった回数も人よりも少し多かったと言えるでしょう。

もちろん、負けたときは大きく落ち込みます。ふさぎこみ、誰とも話をしたくないと思ったことは一度や二度ではありませんでした。しかし、いつまでもそのようにはしていられません。次の戦いに向け、再び闘志を燃やし、トレーニングを続ける必要があるからです。

そんな経験を繰り返していくうちに身につけることができたのが、ネガティブになってしまった自分を、毎回ポジティブな思考に持っていくすべでした。そうしてたどり着いたのが、「大山式エクササイズ」です。これには、3つの特徴があります。

(1)心を前向きにするための動作をふんだんに取り入れていること。
(2)筋肉をしっかり伸縮させ刺激を与える動きを取り入れていること。
(3)負荷をかけるポイントをしっかり意識したエクササイズだということ。
次ページ体のどこをチェックすればいい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT