演劇+観光の人材育成「オリザ大学」成功するか

城崎温泉の地に地域の核担う公立専門職大開校

兵庫県北部に位置する豊岡市は城崎温泉を擁する観光名所でもある。2021年4月、この地に「観光と芸術」を学ぶ専門職大学が誕生する (筆者撮影)

但馬地域を救う大学になるか――。

「コウノトリと共生する街」として知られる兵庫県豊岡市は、歴史ある城崎温泉も擁する県北部の但馬地域にある。だが、約8万人の人口は減少の一途をたどり、若者は高校を卒業すると街を離れ、過疎化に歯止めがかからない。

10月22日に設置認可下りる

「ならば地域おこしで大学を作ろう」。ここまではよくある話かもしれない。違うのは、劇作家・演出家で劇団「青年団」やこまばアゴラ劇場を運営する平田オリザ氏を学長に招き、「観光と芸術」という、一見まったく畑違いの2つの看板を掲げる専門職大学が創設されることだ。

『週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2020』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

その名も「芸術文化観光専門職大学」。この10月22日に文部科学省の設立認可が下り、2021年4月の開学が決まった。その前から高校生の関心も高く、1学年80人の定員に全国から3000通もの資料請求が押し寄せているという。

感染症対策を講じて対面で実施した9月のオープン・キャンパスは毎回満席で、一部の参加希望者を断った人気ぶりだ。来年以降は、学生たちの研修の場としても活用される「豊岡演劇祭」も、市内複数会場で同時期に開催しているが、コロナ禍で規模を縮小したにもかかわらず、全国から5000人もの観客が集まった。過疎化対策から一転、この大学が「大化けする可能性がある」と担当者たちは手応えを感じている。

次ページ専門職大学とは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT