「有名企業への就職に強い大学」ランキング200 3年連続で東工大がトップ、理工系大が上位に

✎ 1〜 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 70 ✎ 最新
拡大
縮小
昨年の6位から4位に順位を上げた電気通信大学。理工系大学の就職率は高い (写真:sunny/PIXTA)

2020年の就活は新型コロナウイルスの感染拡大で、すっかり昨年とは状況が変わってしまった。日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)が新卒採用を中止し、他にも採用見送りの企業が相次いでいる。

会社説明会もオンラインで実施され、就活スケジュールも後ろ倒しになった。学生にとっても合同企業説明会が開催されず、企業からの情報を得にくくなってしまった。企業側も多くの応募者から選びたいのに、その機会が奪われてしまった。2019年の夏から冬にかけて開催されたインターンシップ参加者へのアプローチが中心になったようだ。

就職状況は入試の志望トレンドにも影響

さらに、大学も就活の大切な時期にコロナ禍で入構禁止となり、学内での企業相談会はもちろん、企業情報の活用や就職相談のいずれもできなかった。いずれもオンラインで実施されるようになったが、大学も学生の就活状況を把握できない状況が続いた。企業の採用もオンライン面接中心で、最終面接でやっと企業を訪問する程度だったという。

『週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2020』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

就職は大学の学生募集にも大きな影響を与えている。将来のことを考えながら、大学、学部を選ぶのは当たり前になってきているからだ。

2021年入試ではコロナ禍による景気後退もあって、理系学部の人気が上がることは間違いない。こういったときには国家資格に結びついた学部が人気になり、その学部は医療系に多いため、自ずと理系人気になる。さらには就職に有利といわれていることを背景に、理工系、情報系が人気になりそうだ。

一方で、国際系の学部を設置する大学は多いが、コロナ禍の影響で留学ができないため、来年入試では志願者が減るのではないかと予測され、狙い目になりそうだ。

次ページ有名企業400社の「実就職率」を集計
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT