「有名企業への就職に強い大学」ランキング200

3年連続で東工大がトップ、理工系大が上位に

今までにない状況となったが、2020年の大学別の就職実績はどうだったのか。「有名企業400社の実就職率」を見てみよう。400社は日本を代表するトヨタ自動車や日立製作所、三菱UFJ銀行など、日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選んでいる。計算式は400社就職者数÷<卒業(修了)者数-大学院進学者数>×100と、大学院進学者数を除く卒業生のうち、有名企業400社に就職した割合だ。なお、卒業生100人未満の大学および、一部が未回答の東京大学と就職者3人以上の企業しか公表しない慶應義塾大学は表から除いている。

トップは3年連続で東京工業大学。有名企業400社への実就職率は54.4%に達した。2位は昨年と同じ一橋大学で52.4%。この2校が5割超だ。東京工業大は学部と大学院をあわせた6年一貫教育を実施している理系の大学だ。就職者の多い企業はソニー33人、キヤノン30人、パナソニック29人、野村総合研究所27人、トヨタ自動車とソフトバンクが各23人などで、製造業中心だ。

2位の一橋大は、商、経済、法、社会の社会科学系4学部の大学だ。就職先は楽天29人、三菱UFJ銀行22人、三井住友銀行17人、大和証券グループとKDDIが各12人、みずほフィナンシャルグループが11人などで、通信と金融が多い。

トップ10のうち6校が理工系大学

東京工業大と一橋大の学部構成は対照的で、就職者が多い企業の顔ぶれが異なるのは当然だ。メガバンクはAIの導入で、一般職の採用を減らしているが、一橋大は昨年と変わりない人数が就職しており、総合職に相変わらず強いことがわかる。楽天がトップなのは、三木谷浩史社長が同校が母校であることが少なからず影響しているかもしれない。ちなみに東京工業大で就職者が多いソフトバンクの一橋大からの就職者は1人だった。

3位は国際教養大学、4位は電気通信大学、5位は名古屋工業大学、6位は東京理科大学だった。トップ10の内6校が理工系の大学だ。しかも9位の早稲田大学には基幹理工、創造理工、先進理工の3学部があり、10位の大阪大学にも理、工、基礎工の3学部がある。11位に芝浦工業大学、19位に豊橋技術科学大学、27位に長岡技術科学大学、31位に京都工芸繊維大学が入っており、理工系大学の400社への就職の強さが読み取れる。

今やメーカーに限らず、あらゆる分野でIT、AI導入は当たり前になっており、自社にITに強い人材を抱える必要性が出てきている。今年は文系学生に人気の5大商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅)に、東京工業大から11人が採用されている。九州大学(23位)や北海道大学(30位)と同じ採用人数だ。

メガバンクも東京工業大からの採用を増やしている。理系人材をどの企業もほしがっていることがわかる。コロナ禍でリモートワークが当たり前になり、今後も続いていくと見られ、こういった分野の即戦力が求められている。理系人材は引く手あまたになっていきそうだ。

大学別にみると、旧7帝大(北海道大、東北大学、東京大、名古屋大学、京都大学、大阪大、九州大)では、東京大は入っていないが、10位の大阪大がトップ。早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大学、東京理科大学)では6位の東京理科大がトップだ。ただ、3人以上の就職先企業しか公表していない慶應義塾大の公表しているデータだけで集計すると40%を超え、私大トップの4位に入る。

MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)では20位の青山学院大学がトップ、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)では17位の同志社大学がトップだった。来年、コロナ禍を乗り越えて、就職に実績を残すのはどこの大学か注目される。

次ページ有名企業400社実就職ランキング1~50位
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT