大抵の親が卒倒する「性的逸脱」という過酷虐待

「親がおかしい」と思った子どもにできること

もしかすると何か精神的な、または発達上の特性があったのでしょうか。でも、母親自身は自分のことをおかしいとは思っていないので、病院にかかることはありませんでした。

周太さんの記憶の中の母親は、いつも妹のことばかり褒めていました。勉強も運動もでき、発育が早かった妹を褒めそやしては、周太さんのことをおとしめるのです。

「僕の目の前で『〇ちゃん(妹の名)は成長が早いねえ』って何度も言うんです。成長が早い子こそ優秀であり、成長が遅い子は劣等生だ、というレッテルを貼る。僕も子どもだったから『ねえ、しゅうちゃんも早かったでしょ』と言うんだけど『あんたは遅いよ』のひと言。ずっと『(〇ちゃんに比べ)あんたはダメだ、あんたはダメだ』と言われてきました」

当時の周太さんは、自分に自信をもてず、学校の成績も悪かったといいます。学校では周りの子どもにいじめられ、中学の頃は、蹴られたりトイレに閉じ込められたりしたことも。家にも、学校にも、周太さんの居場所はなかったのでした。

大人4人でビデオを見る場面に直面して…

父親にも問題がありました。冒頭にも書いたように、子どもの目の前で、アダルトビデオを見たりするのです。

「僕が幼稚園の頃からです。ビデオの内容はよくわからないんだけど、いやらしいものだってことはわかるんですね。テレビでそういう場面が映ったときも、チャンネルをまわす家庭が多いと思いますけど、父は絶対にそれを見たがる。母が『そんなの見てなくていいから』と言うと、『いいじゃないか、いやだったら見なきゃいいんだ』という。そういう会話の間に立たされる子どもって、ちょっと気まずいというのを通り越しちゃうんです」

最近は、アダルトビデオを無理に見せることはDVや性虐待の一種であることが知られています。周太さんの父親は、無理に見せていたわけではありませんが、子どもの目に入るところで見てしまうわけですから、性虐待に近いでしょう。

小学生の頃、父親の友達一家が遊びに来たときの話も衝撃でした。周太さんはその家の子どもと自室で遊んでいたのですが、このとき大人たちは、みんなでアダルトビデオを見ていたというのです。

「(父の)お友達とお友達の奥さん、そしてうちのお父さんとお母さんとで、(アダルトビデオを)見ちゃうんですよ。それで僕が何か用事で居間に行くと、4人でそういういやらしいものを見ている光景があって、恥じらいもなく『なんだい? 何か用かい?』ってこっちの顔を見たりするわけです。

そういうビデオって、18歳未満は見てはいけないことになっていますよね。子どもによくないから決まりがあるわけで、そこは親として最低限守るところだと思うんです。なのに、平気で見ていられるというのは、あまりよくはない」

次ページ文句を言おうものなら「平手打ちかグー」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT