コロナ危機でデジタル化の未来が見えてきた

野村総研の此本臣吾社長が語る課題と期待

――テレワークそのものの効果はどう見ていますか。

当社もテレワークを推進しているが、テレワークをめぐっては諸説、意見が分かれている。ある経営者は100%にすると言うし、別の経営者は対面のほうがいいと言う。私たちも定期的にアンケート調査を行っているが、テレワークだと生産性が落ちるという回答がものすごく多い。

――そうなんですか。

6~7割は生産性が落ちるというものだ。しかし、真実はどうなのか。調べてみると、面白いことがわかった。

1つは、確かに生産性は落ちるけれども、落ちても1割程度であること。そんなに大きなダメージにはなっていない。テレワークが可能なのはホワイトカラーの仕事だが、その7割はコミュニケーションであるということは、ほぼ共通している。メール、会議、雑談などだ。これをテレワークにすると、2割ぐらいコミュニケーション量が減る。

出社とテレワークの組み合わせが有効

ときに誤解も拡散されるオンラインニュースの時代。解説部コラムニスト7人がそれぞれの専門性を武器に事実やデータを掘り下げてわかりやすく解説する、東洋経済のブリーフィングサイト。画像をクリックするとサイトにジャンプします

コミュニケーションしなくてもできる仕事をしているということはあるけれど、コミュニケーションを減らすと、仕事の成果の質と量が落ちてしまう。短期的には効率が上がっても、長期的にはマイナスの影響が出る。

一方、テレワークをすると従業員の満足度は高まるということがわかった。家族と一緒にいる時間が増えるとか、通勤時間がかからないとか、リラックスできるなどで、仕事に対する満足度が上がる。テレワークをしたほうが生産性は若干落ちるが、従業員の満足度が上がるのだから、やったほうがいい。

つまり、出社とテレワークを組み合わせるのがよいということになる。

――期せずして働き方改革ができてしまったところがありますね。ただ、年齢や立場でテレワークの有効性には違いがあるのでは?

もちろんあります。職種や年齢の問題はある。それと、上司のマネジメントスタイルがうまくいくかいかないかに大きく影響する。ただ、これからも続けたほうがいいことは確かだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT