日本人には「先回り症候群」が多い!?

新経済サミット講演「シリコンバレーの日本人」

日本人には「先回り症候群」が多い!?

伊佐山:芳川さんのいちばんの苦労話を教えてください。

芳川:実はあまり困ったことはありませんでした。杞憂という意味では、たくさん心配はしましたけど。私自身はシリコンバレーに駐在員として3年くらい住んでいたので、基盤もありました。心配と言えば、今後、どこで人生を送ろうかというのを家族に話すときくらいですかね。

会社を起業しようと思い始めてから、起業するまでは、精神的に思うことがありました。一般的に、駐在員は待遇がいいし、いいポジションで過ごせていただいていた中でしたから。ただ、ガイ・カワサキの有名なクオートに“The hardest thing about getting started is getting started.”がありますけど、何かを始めようとするときにいちばん大変なのは、実際に何かを始めること。

精神的には苦労しましたが、いったん始めて、会社のオペレーションが回り始めたら、心配している余裕がない(笑)。やるしかないですね。

伊佐山:それはよくわかります。続いて、外村さんにお聞きしたいのですが、シリコンバレーには同じアジアでも韓国人やインド人が多く、日本人は増えてきてはいるものの、まだ少ない。日本から来られる多くの人の相談役である外村さん、皆さん何に悩まれていますか。

外村:バリエーションはたくさんあると思いますが、自分が13年前にシリコンバレーに来た当時を思い返しても、日本人の多くは「先回り心配症候群」になってしまっていると感じます。日本でうまくやること―日本で大企業で出世するなど―は、先回りができること。僕自身も、なにかあったときに「これをやってうまくいかなければこうなるだろう」とか、「こうやってもしもこうなったらどうしよう」といろいろ考えた揚げ句、最初の一歩が踏み出しにくくなる。

私自身も今でも覚えていますが、起業時にはとても悩んだのですが、実際に起業してから半年後には「半年前にはとても悩んでいたけど、いざやってみるとマイナスは何もない」と初めてそこで実感したんです。日本人は、始める前から心配する人が多いなという気がします。

伊佐山:それはなぜでしょうか。教育の問題なのでしょうか。

外村:最近の若い人はそうではないと思うのですが、40代くらいまでの人は「答えを求めさせる教育」ばかりでした。だから、想定外のことが起きたときに試行錯誤するトレーニングもされていない。特に、大企業にいると、失敗しないほうが大事で評価されるので、トライアルエラーをしなくてもいいから、言われたことをやるというふうになってしまっているのかもしれません。日本の企業で成功すればするほど、シリコンバレーに行きにくいというメンタリティが、長い間かけてしみ込んでしまったのかなと思いますね。

(続く)(構成:山本 智之 撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT