インドで政権交代、日本への影響は?

地滑り的圧勝でインド人民党が10年ぶり政権復帰

投票を済ませIDカードにスタンプを押された女性有権者達(西ベンガル州、4月30日)「出所:PIB」

2014年4月から5月にかけてインド下院総選挙が実施され、ナレンドラ・モディ氏率いる中道右派政党インド人民党(BJP)が10年ぶりに政権に返り咲いた。543議席中、過半数を上回り、少なくとも282議席を獲得する地滑り的圧勝によって、単独過半数を握るのは実に30年ぶりとなる。歴史的な勝利による「強い政権の誕生」はなぜ起きたのか。今回の政権交代の意味、今後何が変わっていくのか。また「日本」「日系企業」「日本人駐在員」への影響を、日系企業のインド進出に詳しい株式会社ネクストマーケット・リサーチの須貝信一氏に聞いた。

州首相としての実績だけで勝利したのではない

――なぜBJPへ政権交代し、また歴史的な圧勝になったのか。よくいわれているのが「州首相としての経済の実績」です。

州首相としての経済運営の実績だけでは中央首相にはなれません。同様に経済成長をもたらして、3選された州首相というのはほかにも何人かいます。たとえば、インド東部にビハール州という最貧困州がありますが、近年は最も高い経済成長を示しています。これを率いたのが同州のニティッシュ・クマールという州首相で、その手腕が注目を集めています。州経済の実績ではモディより上です。州経済というのはバラバラです。いずれも高い経済成長を誇った州では、3選以上の長期政権になっています。

現政権への不満としては「景気の低迷」「汚職」と報道されていますが、これはまったくそのとおりで、それをここで答えても面白くありませんので、あまり語られないモディの人気をひとつ。それは「生まれの貧しさ」と「貧しくても学び、苦労して働いてきた」という生きざまです。駅でチャイ(インド式ミルクティー)を売っていた父親には6人の子供がいましたが、彼は3番目の子どもして生まれ、兄と一緒に屋台でチャイの売り子として働いていました。つまり、インドのどこにでもいるような人だったわけです。

次ページ低カースト出身だが社会主義でなく新自由主義を唱える
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT