中古車ガリバー、アジア800店計画の勝算

国内2倍のネットワークをたった5年で構築へ

中古車買い取り大手、ガリバーインターナショナル。店舗ネットワークや買い取り台数など、日本国内でトップ同社が本格的な海外進出に打って出る。

ガリバーは2014年2月からタイで30店を新設するのをきっかけに、周辺国地域へ一気に出店し、17年度末までにASEANで800店のネットワークを構築する。現在の国内店舗数は420(フランチャイズチェーン含む、2013年3月末)。たった5年で現状の国内の約2倍となる店舗ネットワークを東南アジアに作り上げるという計画だ。

かつての中国、インド進出計画はとん挫

ガリバーにとって、海外展開は今回が初めてではなく、かつて2007年から08年にかけて中国やインドで出店準備を進めていたことがあった。ところが、リーマン・ショックにより、計画は白紙に。現在は米国で4カ所の直営店を展開するにとどまる。

ASEANへの出店攻勢に当たり、ガリバーはまずタイに照準を定めた。ガリバーの試算によると、タイ国内ではすでに210万台規模の中古車マーケットがあるという。タイは日系車の存在感が強く、新車販売の約9割を日系車が占める。直近2012年は、初めて自動車を買う消費者向けに物品税の還付措置を行うなど、政府主導の積極的な需要喚起が行われ、新車販売台数は144万台と前年から8割伸びた。

「一定数の新車販売規模が、中古車事業を展開する条件となる。インドネシアやマレーシアも選択肢としてあるが、100万台以上の安定的な市場としてタイは魅力的。国民の所得や購買力からみても最初の進出先はタイと決めていた」。ガリバー経営戦略室の許哲・執行役員は話す。

次ページ課題は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT