中古車買い取り“最強”、ガリバーの課題

小売りの新業態を続々と立ち上げるワケ

ガリバーが運営する総合中古車販売店「WOW!TOWN」

東京都練馬区と埼玉県さいたま市を結ぶ新大宮バイパス。この幹線道路沿いに、ひときわ目立つ自動車販売店がある。トヨタ自動車の人気ハイブリッド車(HV)「プリウス」、ホンダのヒット車「フィット」、家族連れに人気のミニバン、さらにはBMWやメルセデス・ベンツといった高級輸入車など、国内外のさまざまなメーカーの車種が展示され、売られている。

この店の名前は「WOW!TOWN(ワオタウン)」。販売しているのは原則として中古車である。店内に入るとゆったりとしたカフェスペースが真っ先に目に入る。店舗の2階にはキッズルームを完備。子供を預けてゆっくりと車選びをすることも可能だ。来店者にはタブレット「iPad」(アイパッド)が手渡され、店内に展示する車の詳細な情報を見ながら車選びができる。

昨年12月にオープンしたこの店。実は中古車買い取り大手、ガリバーインターナショナルが運営する新しい形態の中古車小売店である。

高級輸入車や軽専門店の展開も

ガリバーは今年に入って、中古車小売店の新業態を相次いで打ち出している。2月には、フェラーリやポルシェなど高級輸入車の中古車を専門に販売する「リベラーラ」という新ブランドの第1号店を東京・東麻布で出店した。リベラーラは今年度中にも、世田谷や札幌など5~10店を新設する。

また良品車を扱うアウトレット店や、リベラーラに続く新たなカテゴリー特化型の店舗として、中古軽自動車を専門に扱う形態の店舗を、岩手県や高知県など需要の高い地域で3~5店程度出店計画するなど、中古車小売りビジネスを積極的に拡充している。

次ページガリバーの弱点とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT