トヨタ「カローラHV」、あえてガラパゴス

攻めより“守り”、固定ファンに訴求

トヨタ自動車は8月6日、中型セダン「カローラアクシオ」と同ワゴン「カローラフィールダー」に、ハイブリッド(HV)タイプをそれぞれ追加、全国のトヨタカローラ店を通じて販売を開始した。カローラにHV仕様を設定するのは初めてとなる(=タイトル下写真は「カローラアクシオHYBRID」=)。

昨年5月にフルモデルチェンジ(全面改良)した現行カローラシリーズをベースに、排気量1500ccのエンジンとモーターなどを組み合わせたHVシステムを搭載。ガソリン1リットル当たり33.0キロメートル(JC08モード)と、量販車トップクラスの水準にまで燃費を高めたのが特徴で、フロントグリル、エンブレムやメーター周りといった内外装や足回り、装備などもHV専用の仕様とした。

トヨタのHVがいよいよ大衆車へ

日本の自動車ユーザーでカローラの名を知らない人は、ほとんどいないだろう。トヨタを代表する車として1966年に登場。69年から2001年まで国内の車名別販売台数で33年連続トップに輝くなど、「国民車」として親しまれてきた車種である。これまでトヨタはHVを専用車や、どちらかといえば車体サイズやエンジン排気量の大きい上級車種に設定してきたが、いよいよ大衆車への本格的なHVの展開が始まったことを意味する。

一方、トヨタのHVといえば、「プリウス」「アクア」といった専用車が有名。2012年度(12年4月~13年3月)の国内乗用車販売ランキングでは、この2車種がそれぞれ約28万台を売り上げ、ワンツーフィニッシュを飾った。直近7月の販売実績もそれぞれ2万台以上のヒットを飛ばし、今やトヨタの国内販売を代表する車種となっている。

次ページ対するカローラの販売実績は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT