トヨタ「カローラHV」、あえてガラパゴス

攻めより“守り”、固定ファンに訴求

対するカローラの12年度実績は約8万台。ランキング8位(軽自動車除く)と立派な数字には違いないが、看板車種としてのかつての勢いはない。このタイミングで登場したカローラHVの販売目標はアクシオ(セダン)が月販1000台、フィールダー(ワゴン)が同1500台。プリウスやアクアの実績に比べると控え目だ。

ただ、トヨタの価格設定やスタンスを読み解くと、カローラHVの役目も見えてくる。トヨタのスタンスは、攻めよりもむしろ“守り”である。

価格帯は「プリウス」と「アクア」の中間

車両本体価格は、カローラアクシオHVが192万円から、カローラフィールダーHVが208.5万円から。これは同169万円からのアクア、同217万円からのプリウスの間に位置する。手頃な価格のHVを求めているユーザーに対して、選択肢が広がる。プリウスやアクアはHV専用車であるために、見方によっては独特なデザインになっている。カローラHVの場合は、オーソドックスなセダン、ワゴンのHVが欲しいというユーザーに「はまる」。

ワゴンタイプの「カローラ-フィールダーHYBRID」

ただ、これはあくまで表向きの話かもしれない。おそらくトヨタが最も意識しているのは、カローラファンに対する訴求だろう。かつてほどの勢いではないとはいえ、カローラの国内累計販売は1224万台にも上る。カローラブランドに親しんでいるユーザーは数多く、中高年層を中心にカローラをずっと乗り継いでいるという熱心な層もいる。

現行カローラは発売当初、ガソリンエンジン仕様のみの設定だったが、既存客を中心にHV仕様を望む声が多かったという。こうしたユーザーの要望に応えて、トヨタの武器とするHVを提供するという役目が大きいのだ。

そもそも、トヨタはカローラを世界展開しているが、実は日本で販売しているのは小さめの車体サイズにするなどの国内専用車で、海外仕様とは別物だ。今回のカローラHVを世界展開するワケではなく、グローバル仕様のカローラをHV化するとしても、しばらく先になりそうだ。となれば、少し乱暴な言い方をすれば、“あえてガラパゴスに徹する”ことこそが、カローラHVの本質なのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT