インドで政権交代、日本への影響は?

地滑り的圧勝でインド人民党が10年ぶり政権復帰

――今後、日本とインドの関係はどうなりますか。

私が言うより、説得力があると思いますますので、5月10日付けヒンドゥスタンタイムズ紙にあった「モディに対する世界の見方」という記事に日本との関係を書いてありましたので一部を紹介します。

ネクストマーケット・リサーチ代表 須貝信一氏

「真にモディを応援してきたのは、東アジアの国々である。西側諸国の(人権問題)による(入国ビザ発給拒否や面談等の)ボイコットによって、モディの海外訪問先は、東南アジア、日本、中国に偏っており、これらの国々にグジャラート州への投資を積極的に呼びかけてきた。この熱意によって、これらの国々は同州とのビジネスを望み、それがモディの実績となった。これらの最も上位にあるのが経済における野心的な計画と戦略的関係を持つ日本である。」

モディ新首相と安倍首相は相思相愛

モディと日本の関係を端的に示しています。モディの台頭には日本が大きくかかわってきました。欧米から見放されていた時代から安倍首相と個人的に仲がいいですから、経済、安全保障、外交面ではこれ以上ない似た者同士の相思相愛ぶりだと思います。

魔法の杖はありませんので、経済面で成果がすぐに出るわけではありません。連立政権で混乱しがちなインドに、強い政権が誕生したという事実は、インドに進出する日系企業にとって、大きな朗報であることは間違いありません。アベノミクスで回復した日本企業はモディノミクスで盛り上がるインドに進出、投資をするべき時が来たかもしれません。

(撮影:田宮寛之)


 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT