中国が「原子力はクリーン」と推進しまくる事情

原発新設加速、輸出政策強化で国益を追求

サウジアラビアと中国は2012年に原子力エネルギーの平和利用での協力に向けた条約を締結したほか、2017年には中国核工業集団公司(CNNC)がウラン鉱山探査でサウジを支援するとの覚書を交わしている。核開発疑惑で孤立するイランだけでなく、サウジアラビアでも、今年8月、政府は否認しているものの、中国の協力でウラン精鉱(イエローケーキ)を抽出する施設が建設されたとの報道があり、これらの動きに対してイスラエルやアメリカが懸念を表明している。

ここまで見てきたように、中国の近年の原子力政策は、原子力産業を手段とし、官民一体でそれを大規模に利用して国益を推進し、地政学的影響力を高め、自国に有利な状況を追求している。日本やアメリカは、中国やロシアの国際原子力市場における攻勢に対し、対応を問われている。

日本は中国やロシアに対抗できない

中国が原発を推進することによって生じうるリスクを最小化し、日本が国際社会への影響力を維持しようとするならば、日本が原発輸出を通して国際原子力市場にプレゼンスを確保しようとすることは有効かもしれないが、福島原発事故後、日本国内では原発への支持率が低く、柏崎刈羽原発なども再稼働が進まない状況を見ると、それは容易には決断できないことである。

また日米のような自由化した市場での民間主体モデルでは、安全対策コストや運用リスクの高い原発は経済性が相対的に低く、中国やロシアのような国家主導型モデルに対抗できず、不利な競争を強いられるのが現状である。原子力技術をめぐる難しい状況は今後も続くだろう。

(柴田 なるみ/アジア・パシフィック・イニシアティブ プログラム・オフィサー)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT