37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

サラリーマンを辞め、好きを究める道を選んだ

そして何より、麻雀で生きていきたいという気持ちが湧いてきていた。高校時代からずっと好きだった、麻雀で食べて行けないか?と考えた。

「どうせサラリーマンを辞めるなら、好きなことをして生きていきたいと思いました。ただこの段階では夢は『プロ雀士で稼ぐ』ではなく『麻雀で食べていきたい』とやや控えめな希望でした」

会社を辞めた22歳の年は、神戸市内でフリーターとして生活していた。

日雇い労働をしたり、工場やイベントの設営などをしてなんとか生計を立てていた。

アルバイトをしながらも、プロの対局を見たり、麻雀の本を読みあさったりと、麻雀の勉強は欠かさなかった。

麻雀のプロ試験は、年に2回行われていた。金さんの腕を知った、日本プロ麻雀協会からは誘われていたが、まだ踏ん切りがつかず7月の試験はパスした。

そして半年後の1月に試験を受けて無事合格した。

「プロ試験は、履歴書を送り、面接を受け、実際に麻雀を打って作法や打ち方を審査されます。就職試験と似ていますよ。麻雀が好きでちゃんと勉強していたら、プロ資格を取るのはそれほど難しくはないと思います。

ただ、プロ資格を取ってもそれで食わせてもらえるわけではないです。年会費やエントリーフィーを払わなければならない分、より大変になります」

麻雀プロの厳しい生活

麻雀プロになっても、生計はそれぞれが立てていかなければならない。そこが麻雀プロのいちばん厳しいところだ。

「現在2000人のプロ資格者がいますが、メディアへの出演料や、本の出版などで稼げる人はほんの一握りです。ほとんどの人は二足のわらじを履いていますね。半分くらいの人は、普通にサラリーマンをしながらプロを続けていると思います」

金さんも、二足のわらじを履きながらプロ活動をしてきた。現在も大手の健康麻雀店(賭け事NGの雀荘)で働いている。

プロとして活躍するには、とにかくリーグ戦を勝ち上がっていかなければならない。

金さんは、記録的なスピードで昇級し、26歳のときには、20代ではまず入ることができない最上位のリーグ戦に入ることができた。

その最上位のリーグ戦で1年間戦い抜き、上位3位に入ると、前年度のチャンピオンを含めた4人でその年のチャンピオン『雀王』を決める。

4人で丸4日打つ熾烈な戦いだ。金さんは、20代で3度も雀王戦に出場した。

「20代のときには1度も勝てなかったですね。運ではなく、あと一歩実力が足りていなかったと思います」

次ページCSの麻雀番組に出演
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT