紺野ぶるまが異色ネタの笑いにとことん拘る訳

大胆な発想で売れない芸人から抜け出した

独特ななぞかけのネタで人気を博す女性芸人の紺野ぶるまさん(33歳)に、これまでの半生を伺いました(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第81回。

R-1ぐらんぷりで3年連続決勝進出

紺野ぶるまさん(33)は、松竹芸能所属のお笑い芸人だ。

この連載の一覧はこちら

2017年、2018年と連続で『R-1ぐらんぷり』の決勝進出、『女芸人No.1決定戦THE W』では2017年、2018年、2019年と3年連続で決勝進出する実力派だ。

そんな紺野さんだが、最も知られているのが、下ネタなぞかけだ。どんなお題でも下ネタで解くという、一聞すると下品なネタだが、実際に拝聞すると、できもよくみんなが笑えてかなり面白い。

彼女には下ネタに一家言あり、先日『下ネタ論』(竹書房)という本を上梓した。

『下ネタ論』(竹書房)

彼女はなぜお笑いの道を進むようになり、そして下ネタなぞかけに行き着いたのか? そしてこれから目指すところはどこなのか?

紺野さんは、祖父母の家がある静岡県で産声をあげ、その後は東京都下で育った。

保育園時代は、病弱で入院しがちだった。

「小さい頃は女の子っぽいものが大好きでしたね。お姫様とか、セーラームーンとか。

スカート禁止の保育園に通っていたんですけど、どうしてもスカートがはきたくて、保育園までスカートで行ってズボンにはき替えて、また帰りにはスカートにはき替えて帰っていました」

同級生に好きな男子もいて、告白するような少しおませな女の子だった。

小学校に入学すると、クラスの男子にイジワルをされるようになり、だんだん男っぽい態度をとるようになっていった。

「男子が暴力を振るうと、先生はすぐ『好きの裏返し』って言うんですけど、今思うと絶対違いますよね。女の子っぽい態度が男子にとって生理的に気に食わないんだと思います」

病弱だった幼少期とは打って変わって、運動神経は抜群によくなった。しかし、勉強はまったくついていけなかった。

「若くてかわいい先生に

『なんで頭悪いのに、そんなに明るいんですか?』

って言われてました。今考えると、ものすごくひどい言いようですよね」

小さい頃は病弱で病院の世話になることが多かったので、大人になったら看護師になりたいと思っていた。ただ、小学校2年生のときに

「こんなに勉強ができないなら、看護師になるのは無理だな」

と夢を諦めた。

次ページお笑いが好きだった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT