37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

サラリーマンを辞め、好きを究める道を選んだ

娯楽が多様化している中で、プロ雀士の金太賢さんが見据えた麻雀界の未来とは?(筆者撮影)  
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第82回。

「雀王」「麻雀最強位」を獲得したプロ雀士

金太賢(キム テヒョン)さん(37歳)は、日本プロ麻雀協会に所属するプロ雀士だ。

この連載の一覧はこちら

2017年に団体最高タイトル「雀王」を獲得、その年の『近代麻雀』(竹書房)が主催する麻雀のタイトル戦「麻雀最強戦」にて「麻雀最強位」も獲得した。

プロ麻雀の世界は非常に厳しい。

プロの資格を持っているだけでは、稼ぐことはできない。テレビなどのメディアに出演する、書籍を書く、大会に出場し賞金を稼ぐ、などそれぞれ稼がなければならない。

セルフ・プロデュースがとても大事だ。

金さんは8月に『麻雀「超コスパ」上達法』(彩図社)という、初心者向けの麻雀入門書を発売された。本を出版できるのは、人気プロ雀士の証しだ。

金さんはなぜ、プロ雀士になったのか、

『麻雀「超コスパ」上達法』(彩図社)

そして現在どのように稼いでいるのかを聞いた。

金さんは兵庫県神戸市で生まれ育った。

「名前から誤解されることもありますが、生まれも育ちも日本です。現在も在日韓国人で帰化はしていませんが、私はそこにあまりこだわりはありません。小さい頃は名前のせいでイジメられることがありましたけど、成長してからはとくに問題はありませんでした」

小さい頃から成績はよかった。とくに算数、数学は好きだった。

「麻雀は数学までは必要ありません。算数レベル、パズルレベルだと思います。ただ物事を“理屈で考えられる人”のほうがより強くなれると思います」

ただし子ども時代は麻雀には出会わなかった。

中学校ではバスケットボール部に入りキャプテンになった。中学校3年生では、バスケ部のメンバーでバンドを作り、ドラムを担当した。これに大いにはまった。高校に進学しても、バンドは続けたいな、と思った。

明るい青春を過ごした。

「その頃はまだ将来の夢とか、まったくなかったですね。みんな高校くらいは行くし、行っとくか、くらいの感じでした」

次ページ神戸高専へ進学、2つの部活を掛け持ち
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT