37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

サラリーマンを辞め、好きを究める道を選んだ

ちょうど働いていた麻雀店でも出世して、そちらの仕事もかなり忙しくなっていた。

そもそもの夢が「麻雀で食べていきたい」だから、麻雀店で働くのは苦痛にならなかった。ただ、プロ対局のことだけを考えると、もっと勉強をしなければならないな、と思う。そこにジレンマが発生する。

「同じリーグに出ているほかの選手の試合は絶対に見なければいけません。ライバルの研究だけで、結構な時間を使います。

仲間同士で研究会も開きます。4人の仲間で打って、打ち方が正しかったかどうか吟味します。そうやって勉強すればするほど、強くなっていくのがわかります。

ただ、勉強自体はお金が発生するわけではありません。生活するには仕事をしなければいけませんから、勉強と仕事のバランスが難しいんですね」

20代半ば頃に、CSで放映されている麻雀番組に出演する機会があった。金さんが昔から視聴していた番組だった。

夢の舞台にプロになって4~5年で出られたのは純粋にうれしかった。

「でも全然ダメでした。ガッチガチに緊張してしまって、悲惨な結果になりました」

せっかく出演できたのに、自分を出せずに終わるなんて!!とひどく後悔した。こんなことが二度とあってはいけないと思い、カメラの前に出る仕事はなんでも受けることに決めた。それからはノーギャラのインターネット配信の番組にも出演するようにした。

「番組にどんどん出演していると、すぐにカメラ慣れしました。今では『みんな見てくれ!!』って感じです(笑)。カメラの前で打つのが、いちばん楽しいですね。

テレビ中継に出ている若い雀士を見ると手が震えていたりします。そんな彼らを見ると、

『最初はそうだよな。頑張れ』

って応援します。

今はコメントの文化ですから、視聴者からひどい悪口が書き込まれることもあります。私は幸いメンタルが強かったのでそこまで傷つかなかったですが、陰で泣いている人もいます。かわいそうだと思いますが、そういう悪罵にも耐えるのもプロの仕事なんだと思います」

大会に出て優勝すれば賞金を手にすることができるが、最高金額も300万円くらいであり、賞金だけで食べていける額ではない。

「賞金だけで年間600万円稼いだ年がありましたが、それっきりですね。賞金だけで、生計を立てるのは難しいと思います。プロ麻雀士は2000人いて、その全員で賞金を取りにいくのだから、なかなか手に入れるのは難しいです」

次ページ30代初めについに雀王の称号を獲得
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT