37歳「麻雀プロ」最強に上り詰めた男の快活人生

サラリーマンを辞め、好きを究める道を選んだ

成績的には進学校にも行けたのだが、より楽しそうな学校はないか探した。

私服でOK、土日が休み、という点が気に入り、神戸市立工業高等専門学校の電子工学科に進学した。

勉強は親に文句を言われない程度に、こなしておいた。軽音楽部とバスケ部の2つに入り、どちらも楽しんでいた。

そんな折、クラスの友人たちが教室でカード麻雀をしているのを見かけた。何でも経験だと思って挑戦してみると、これが面白かった。のめり込みそうになったが、高校2年まではまだ軽音楽部の活動がメインで、麻雀はたまにやる程度だった。

「それから高校3年生から5年生(高専は5年制)までは麻雀にずっぽりとハマりましたね。いったんハマると、長いたちなんです」

クラスメイトには10人近く麻雀をやる仲間がいた。泊まっても怒られない友人宅で、みんなで徹夜で麻雀をした。

授業が終わった後の教室で麻雀を打っていたら、さすがに先生に怒られたので、学校近くの公園に移動し東屋で打った。

1人でいるときも、ゲームボーイの麻雀ゲームでポチポチと遊んでいた。

金さんは、その頃から麻雀は強かったのだろうか?

「今思えば強かった気もするのですが、そんなに覚えてないんですよね。当時は、自分がいちばん強い!!みたいなのは二の次でした。友達と一緒にいられる時間が大事でした」

高専卒業後は電機メーカーに就職するも…

高専を卒業すると、大学には編入せず電機メーカーに就職することにした。

家電製品のプログラムをするのが仕事だった。具体的にはリモコンのプログラムを制作した。当たり前に、

「定年までここで働くんだろうな」

と思っていた。

入社した春から夏までは、仕事を頑張った。だが仕事が慣れてくると段々、麻雀が打ちたくなってきた。週末、遊びで打つことはあったが、それだけでは物足りなくなった。

「入社したときは『この部署にいたら、お金が貯まるよ』って言われてたんです。ただ、働いてみるとお金が貯まると言うか、単に使うヒマがないだけなんですね。ただ、ブラック企業というほど忙しいわけではないんですが、なんだか毎日が楽しくなかったです」

同僚を見ても、やっぱり楽しそうではない。平日は仕事をして、土日はめいっぱいエンジョイする、と切り替える人もいたが、金さんはそういうタイプではなかった。どうにも息苦しく、

「僕にはサラリーマンは向いていないんだ」

と思った。

次ページ麻雀で生きていきたいという気持ちが湧いてきた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT