「わがまま老人を出禁にした」ホテルマンの覚悟

従業員泣かす「高齢クレーマー」残念すぎる最後

水原久さん(58歳・仮名)は、9年前に開業した都内のホテルで、1年前から総支配人を務めている。

開業まもない頃からずっと、月曜日から4泊して金曜日にチェックアウトするという常連客の男性がいた。70歳くらいなのだが、まだ現役バリバリの営業部長で、自宅が遠いためにこのホテルを定宿にしているのだという。

「開業当初はオープン価格料金で泊まっておられていたのですが、途中から1万円に上げさせていただき、それがずっと続いていました。現在、当ホテルの宿泊料金は、時期や曜日によって変動はあるのですが、平均すると1万6000円ですから、かなり安くしていると思います」


利用頻度をみれば、大得意客だと言えそうだが、実は目の上のたんこぶとも言えるやっかいな人物だった。いつも威張っていて、イライラしている。自分の思うようにならないとすぐ怒鳴る。

わがまま老人のリクエストの嵐

「粘着カーペットクリーナーを部屋に置け」「絆創膏を置け」「乳液を置け」「湿布薬を置け」「シャンプーはこれじゃないとだめだ」

男性は事あるごとに、リクエストをしてきた。

「その度に彼の部屋に常備される品が増えていき、習慣化してしまったんですね。男性なのに、乳液なんか要るのかなと、僕なんか思ったりもするんですがね。そうやって、ホテル側が甘やかしてきた面もあります」

リクエストしたものと違う湿布薬が入っていただけでキレる。

「オレが使っている湿布薬はコレじゃねえ! わからないのか、おまえは! おまえはもういい!」

ホテルの従業員をおまえ呼ばわりして、召使いのように扱う。

「綿棒が足りないじゃないか。いますぐ、持って来い!」

あまりの横暴さに、新入社員が泣いてしまったこともある。

「彼のおかげで、2人辞めました。『あの人には会いたくない。私は金曜日から日曜日だったら勤めてもいいです。あの人のいないときに働きたいです』と言った女性社員もいたのですが、そういうわけにもいきませんからね」

時折、フロントでばったり会うと、「おう、コーヒーでも飲みに行こう」と、水原さんを誘ってくる。

「私は抜けられないんです」
「なんで、抜けられないんだよ!」

相手の都合などお構いなしで、自分の思い通りにならないと、どんどんエキサイトしてくる。

次ページ「オレの思い通りにならないから怒っているんだ!」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT