コロナ禍で「しんどい」のは脳の使い方が問題だ

仕事とプライベートの孤独が疲れを増幅する

ネット疲労、デジタル疲労などといった疲労を慢性化させてしまいがち。疲労に適切に対処するにはどうすれば? 産業医、大室正志先生に聞きました(写真:『エンジニアtype』編集部)

この数カ月で、「コロナ疲れ」という言葉が注目されるようになった。

コロナのことばかり考えてしまって……というストレスのほか、ネット疲労、デジタル疲労などの問題も、以前に増して顕著になりつつある。

「とくにエンジニアは、こうした疲労を慢性化させてしまいがち。疲労を放置してしまうと、体のあらゆる不調を招きますし、ゆくゆくはうつ病などにつながりかねません

そう指摘するのは、IT企業を含む30社以上で産業医を務める大室正志さん。

現在のリモートワークは場所を選ばず働ける本来のそれとは違い、“強制在宅勤務”だとし、コロナ禍の「疲労」を軽視しないようエンジニアに呼びかける。では、疲労に適切に対処するにはどうすれば? 大室先生に聞いた。

脳とパソコンは同じ。稼働し続けると重くなる

――リモートワークが浸透し始めてから、「オフィスに出社していたときよりも、余計に疲れるようになった」という声も聞こえてきます。実際、大室先生はどう感じていますか?

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

ネット疲労やデジタル疲労に悩んでいるエンジニアの方は多いと思いますね。

――ネット疲労にデジタル疲労?

ネット疲労は、オンライン上で人とつながりすぎることによって脳が感じる疲労のこと。例えば、パソコンをイメージしてみてください。一旦シャットダウンして再起動したパソコンと、ずっと電源をつけっ放しにしているパソコン。すぐ動きがにぶくなるのは後者ですよね。脳もこれと同じです。

エンジニアの方は、仕事のコミュニケーションで、チャットやSlackなどを使うことが多いと思います。これらは、メール以上に「即レスが基本」のコミュニケーションツールです。

つまり、つねに人とつながった状態が続き、作業中であっても相手からの呼びかけに逐一反応しなければいけない。すると、脳はパソコン同様にオーバーヒート状態になり、作業効率も落ちていくというわけです。

次ページ脳はマルチタスク用にはできていない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT