日本製鉄、中国メーカーの攻勢で多難な前途

橋本社長が語る日本の鉄鋼産業の生き残り策

われわれはサプライチェーンの上流にいるので原料価格上昇の影響を受ける。物流費についても、海外は顧客が取りに来ることもあるが、国内はわれわれが持ち込んでおり、その物流費が上がっている。そうした費用のフェアな分担をお願いしており、手応えは感じている。

価格問題は経営問題と認識しており、2019年の4月以降にすべての営業部長と面談して交渉状況を共有している。徐々に営業部長の顔つきが真剣になってきた。

――鉄鋼需要の回復が若干想定より上回っている、とのことですが、一時休止している高炉の再稼働の見通しをどう考えていますか?

上期(2020年4~9月)の単体粗鋼生産は約1500万トン、下期(2020年10月~2021年3月)は約1700万トンと想定している(前期は上期2155万トン、下期2030万トン)。国内に15本ある高炉のうち6本を止めているが、下期が1700万トンにとどまるのなら(稼働している)9本の稼働を上げることでギリギリいける。

今は中国が活況で、引き合いも増えている。上期以降も一定レベルの採算でこの状況が続くのか見極めていく。需要が上振れしたら、高炉をもう1本どこかのタイミングで動かさないといけない。

粗鋼生産は1億トンには戻らない

――日本全体の年間粗鋼生産量は近年、約1億トンでした。今年は8000万トン台に減少する見通しですが、この先はどの程度の水準になると想定していますか。

はしもと・えいじ/1955年生まれ。1979年一橋大学商学部卒業、新日本製鐵(現・日本製鉄)入社。1988年ハーバード大ケネディ公共政策大学院修了。2019年4月より現職(写真:日本製鉄「統合報告書2019」より)

内需と輸出の2つの要素がある。今年度の内需は5000万トンくらいに沈むが、平時は約6000万トンだ。平成の初めには9000万トンあったのでずいぶん減った。

6000万トンの内需のうち、2000万トン建設向け、2000万トンは鉄鋼としては日本の製造業向けに売っているが、顧客の製品として輸出されている間接輸出、つまり、残りの2000万トンが製造業の純粋な内需だ。建設向けは高齢化で増える方向にはない。間接輸出は簡単には減らないが、増えることはない。製造業の純粋な内需も人口減少などで伸びない。

一方、輸出は今後、中国が出てくる。ASEANでは中国勢の高炉の建設が進んでいる。(日本の粗鋼生産量は)2021年度は8000万トンより増えるだろうが、残念ながら国内生産が1億トンに戻ることはないだろう。

次ページ単体の事業を黒字化できるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT