ビジネスで多発「和製英語」誰にも通じない問題

「アジャイルにデシジョンして」と言われても

誰にも通じない「和製英語」は、テクノロジー関連の外来語の略語が多いようです(写真:metamorworks/iStock)

みなさんデビットです。暑かった夏も少しだけ過ごしやすくなりましたかね。新型コロナウイルスのせいで行動の制限があり、いつもとは違う夏休みだったのではないでしょうか。そんなときに友人や離れている家族をつなぐ役目をしてくれるのがパソコンやスマホですね。

これを英語で言ってみましょう。

Pasocon and smapho are the things connecting people.

すみません、この英語まったく通じません。パソコンもスマホも、和製英語(略語)だからです。

誕生し続ける和製英語

皆さんが英語でコミュニケーションを取ろうとしたときにつまずくものの1つが「和製英語」だと思います。ホッチキス、シャープペンシル、コンセント、ワイシャツなど、あれ?通じない!と焦った経験があるのではないでしょうか。

焦ると同時に、いったいだれが何の目的でこんな紛らわしいものを作ったのか、なぜ当時から英語の表現をそのまま採用しなかったのか、腹立たしく思っているのではないでしょうか。

ところが、パソコン、スマホのようにいまだに和製英語は誕生し続けています。先人の過ちから学べない日本人って……とここでバッサリ斬ってしまいたくなりますが、最近の外来語はビジネス用語、またはIT用語のように思えますので、そうなるとIT業界人である私にも責任の一端があるように思えますので、もうちょっと分析してみたいと思います。

比較的最近誕生した和製英語というと、パソコン(最近でもないですかね)、スマホ、アプリ、ネット(インターネットの事として)など、テクノロジー関連の外来語の略語が多いように思います。

次ページ「アプリ」を英語で略すときはなんと言う?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT