ビジネスで多発「和製英語」誰にも通じない問題

「アジャイルにデシジョンして」と言われても

確かにパーソナルコンピュータでは長いですから略したくなります。しかし英語ではパソコンはPC、スマホは(そもそもスマ「フォ」なのでは……)略さないか、稀にSPなどと略す人もいます。

アプリ、つまりアプリケーションの略はちょっと馴染みがないかと思いますが英語ではApp(アップ)ですね。Apple社のアプリストアが正式には「App Store」なことをお忘れではないですか? これを「アップルストア」と呼んでいる人を時々見かけますが、それは銀座3丁目の交差点にあるお店のことです。

海外ではチャット“アプリ”(ありていにいいますとLINEのようなものです)WhatsApp(ワッツアップ)が人気ですが、この名前はアプリのAppと“What’s up”(どうしてる?)を掛けたわけです。

ただ、正しく外来語を普及させようと今さら「君の使っているAppなかなかいいねえ」といっても通じないか、せいぜい外国かぶれと思われるのが関の山なので、やはり日本語では「アプリ」が正解なのでしょう。この略語のギャップは今後も埋まらないように思います。

ビジネス系英語も使いすぎると……

一方、略語にはなっていないものの、ビジネスの世界では、ものすごい勢いでカタカナ語が広がっていることを実感します。例えば以下の一文、どうでしょう。

「わが社は社会的なイシューを解消することをコミットし、プライオリティの高いアイテムにリソースを集中することでマイルストーンを確実にクリアしていきます」

なんとなく、意識高い系の経営者がSNSに書き込んでいそうなイメージだけは伝わりますが、ちょっとカタカナを使いすぎで違和感がありますね。普通に言い換えますとこうなります。

「わが社は社会的な課題を解消することをお約束し、優先順位の高い事項に力を集中することで目標を確実に達成していきます」

これでいいんじゃないかと思いますが。そして、これが会話になるともっとその違和感は増大します。

次ページ「アジャイルに対応したいと思います」ってなんだ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT