中国「鉄鉱石先物高騰」の裏に検疫体制の限界

輸入鉱石の3割が荷揚待ち、投機資金も流入か

中国の港では輸入鉄鉱石の荷揚作業が追いつかず、多数の運搬船が沖待ちを強いられている。写真は浙江省の鉄鉱石専用埠頭(寧波舟山港の運営会社ウェブサイトより)

中国では「コロナ後」の素材産業の操業再開が進むとともに、原材料の先物相場が上昇を見せている。なかでも高騰が著しいのが鉄鉱石だ。中国の商品取引所の先物価格は4月2日時点では1トン当たり554元(約8476円)だったが、4カ月後の8月7日には同910元(約1万3923円)と64%も値上がりした。

「いくら新型コロナ(という特殊要因)の影響があったとはいえ、これほどの高騰は現実の需給とかけ離れている」。ある先物市場の関係者はそう話す。この関係者によれば、鉄鉱石相場の急上昇の根源は埠頭での荷揚げ作業の遅れにある。中国が輸入した鉄鉱石の3割が運搬船の上で沖待ちを強いられ、それが国内の在庫不足を招いているというのだ。

「運搬船は港に到着しても船員の(新型コロナの検査を含む)検疫に時間がかかり、荷揚げ作業が追いつかない状況だ。このため荷揚済みの在庫を鉄鋼メーカーが奪い合い、相場急騰を引き起こした」(関係者)

外資が現物売りの先物買いで荒稼ぎ?

それだけではない。先物市場の参加者の間では、アメリカ金融大手JPモルガンチェースの強気の買いが注目を浴びている。8月19日時点で同社の買い持ちは4万4043枚に達し、持ち高ランキングで首位になった。

「外資は鉄鉱石の荷揚の停滞が長引くと見て、現物市場での売りと先物市場での買いを繰り返して荒稼ぎしている」。そう話す関係者によれば、JPモルガンチェースの背後にはアメリカのコモディティー大手カーギルの姿が見え隠れするという。

本記事は「財新」の提供記事です

鉄鉱石相場の今後については、市場関係者の見方は割れている。値上がりがさらに続くと予想する向きは、荷揚の停滞が解消されていないことや、鉄鋼メーカーの需要が強いことを理由に挙げる。一方、値下がりに転じると予想する向きは、すでに港に到着した鉄鉱石の荷揚が進めば市場の風向きが一変しうることや、現在の価格では鉄鋼メーカーの利益が出なくなり需要が弱まる可能性を指摘した。

(財新記者:劉彩萍)
※原文の配信は8月20日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT