ブラジル産の大豆を中国が「爆買い」する理由

アフリカ豚コレラ沈静化で飼料向け需要旺盛

ブラジルはアメリカを抜いて世界最大の大豆生産国になる可能性がある(写真はブラジルの大豆農場)

中国の旺盛な需要を受け、ブラジルの大豆輸出が拡大している。ブラジル経済省の統計によれば、2020年4月の輸出量は1630万トンと前年同月の1.7倍以上に増加。3月に続いて単月輸出の最高記録を更新した。

ブラジル穀物輸出協会によれば、3月の輸出量1330万トンのうち中国向けが約4分の3を占めた。中国は主要穀物のなかで大豆の輸入依存度が高く、輸入大豆は主に食用油の原料や家畜の飼料に使われている。中国では2018年に始まったアフリカ豚コレラの流行が沈静化し、養豚農家の生産が回復していることが飼料需要を押し上げている。

一方、新型コロナウイルス流行の影響がブラジルでも懸念されているが、現地の増産意欲はなお高い。ブラジル大豆生産者協会の最新の予測によれば、ブラジルは2020年に1億2100万トンの大豆を収穫し、アメリカを抜いて世界最大の大豆生産国に躍り出る可能性がある。

ブラジルの輸出意欲の裏に通貨安とコロナ

「現地では大豆の収穫期が終わっており、生産者は輸出に前のめりだ」。中国農業農村省で大豆の国際需給を分析する専門家は、財新の取材にそう語った。アメリカ農務省は5月12日に発表したレポートで、2019年9月~2020年8月期のブラジルの大豆輸出量が前年同期より1000万トン近く多い8400万トンに達すると予想している。

ブラジルの生産者が輸出志向を強める背景には、通貨レアルの対ドルレートの下落がある。さらに新型コロナの流行による先行き不透明感から、生産者は物流停滞のリスクを懸念して売り急いでいるという。

本記事は「財新」の提供記事です

そんななか、ブラジル政府と生産者団体はコロナ対策のために大豆の輸出を妨げないとの強い意思を表明している。「コロナの流行が始まった当初は一部の州の加工場や物流に混乱もあったが、政府と協力して問題を迅速に解決した」。ブラジル大豆生産者協会のバルトロメル・ブラス・ペレイラ会長は、財新の取材にそうコメントした。

(財新記者:黄姝倫)
※原文の配信は5月13日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT