初婚カップル「年の差ランキング」が映す新事実

もはや「親がそうだったから…」は通用しない

未婚化社会を象徴するかのように、初婚同士の結婚件数全体として見ると、1990年の55万件から2018年の34万件と、総件数が61%に大激減しています。

ところが、そんな中でも「妻が4歳以上年上」と「妻が3歳年上」だけは、それぞれ8114件増加、818件増加という、時代に反した結果となっています。この2パターンだけは、未婚化時代において驚異的ともいえる件数増加を見せている、という指摘ができます。

つまり、未婚化が進む平成・令和時代において、「わかりやすく年上妻な結婚」は統計的には“未婚化社会の救世主”ともいえるトレンドをみせているのです。

親世代の夫婦像を捨てられるか

あくまでも結婚を希望する人についての話ですが、統計的に見た意見としては「親世代の夫婦の年齢上下観は、今の初婚カップルの結婚には通用しなくなってきている」といえます。

男性から見れば「年下の女性がついてきてくれる」、女性からみれば「年上の男性が引っ張ってくれる」といった結婚観は、それをイメージしている時点で婚活が思うように進まない、ということが起こりやすいといえそうです。

夫婦の平均年齢差は2018年において1.7歳ですが、男女どちらが年上であっても、夫婦の年齢差について

・1歳以内 1990年:36% → 2018年:44%
・2歳以内 1990年:52% → 2018年:58%
・3歳以内 1990年:64% → 2018年:69%

と変化しており、年齢差は平均のみならず分散(散らばり)で見ても、どんどん縮小しています。

このような夫婦の年齢差の縮小傾向から見て、どちらか(とくに男性)がリードして歩むような結婚から、男性と女性がともに腕を組んで並んで歩くかのような結婚へと、“ふたりの姿”が変化してきていることを、最後にお伝えしておきたいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT