安倍政権が「トランプ再選」を熱望している理由 政権与党は歴史的に共和党大統領を好んできた

拡大
縮小
日本の政権幹部が共和党大統領を好んできた理由とは(写真:ロイター/Issei Kato)

誰がアメリカの大統領となるべきか。 アメリカの大統領選挙に対する日本の態度を見てみると、この問いに対する日本の指導者たちと国民による回答の間に興味深い違いがあることがわかる。1984年から現在に至るまでの大統領選挙において、日本の指導者たちはほぼ例外なく共和党の大統領候補を好んできたが、一方で国民は民主党の大統領候補を好むことが多かったのだ。

今年の大統領選挙に関してギャラップと読売新聞が2019年11月に行った世論調査によると、日本人の76%が「トランプ大統領が2020年に再選されることは望ましくない」と回答している。同様に、日本経済新聞が2020年1月に行った世論調査では、72%の国民が「トランプ大統領を再選してほしくない」のに対し、「再選してほしい」と答えたのはわずか18%だった。

2020年の2月と3月に行われたNHKによる世論調査では、57%の日本人が、トランプ大統領が再選することは日本にとって「悪い影響が大きい」と回答。ちなみに「いい影響が大きい」と答えたのはわずか10%だった。

「トンラプ再選」を望む人たちの考え

これとは対照的に、自民党、官僚、経済界、自民党に近しいジャーナリストや学者らといった日本の指導者層はおおむねトランプ大統領の再選を希望してきた。

その理由は、安倍首相とトランプ大統領の間には緊密な人間関係が構築されていると日本の指導者層は考えていることもひとつではあるが、中国、ロシア、北朝鮮、および国家安全保障などの問題に関して両首脳の方向性が一致しているという認識があることも挙げられる。

トランプ大統領の再選を好むという意向は、『アメリカン・インタレスト』誌の2020年4月号に掲載され、今では有名となった「中国への対立的な戦略の利点」という題の記事ではっきりと表されている。

正体不明の”日本政府関係者”によって執筆されたこの記事は、「中国が『責任あるステークホルダー』となるようにアメリカが再び中国を甘やかすようになることと比べれば、トランプ大統領の予測不可能で取引を重視したアプローチのほうがまだましである」と主張している。この記事の著者は「民主党政権なら甘やかしかねない」と考えているようだ。

次ページ日本の指導者層が共和党大統領を好む理由
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT