安倍政権が「トランプ再選」を熱望している理由

政権与党は歴史的に共和党大統領を好んできた

日本の政権幹部が共和党大統領を好んできた理由とは(写真:ロイター/Issei Kato)

誰がアメリカの大統領となるべきか。 アメリカの大統領選挙に対する日本の態度を見てみると、この問いに対する日本の指導者たちと国民による回答の間に興味深い違いがあることがわかる。1984年から現在に至るまでの大統領選挙において、日本の指導者たちはほぼ例外なく共和党の大統領候補を好んできたが、一方で国民は民主党の大統領候補を好むことが多かったのだ。

今年の大統領選挙に関してギャラップと読売新聞が2019年11月に行った世論調査によると、日本人の76%が「トランプ大統領が2020年に再選されることは望ましくない」と回答している。同様に、日本経済新聞が2020年1月に行った世論調査では、72%の国民が「トランプ大統領を再選してほしくない」のに対し、「再選してほしい」と答えたのはわずか18%だった。

2020年の2月と3月に行われたNHKによる世論調査では、57%の日本人が、トランプ大統領が再選することは日本にとって「悪い影響が大きい」と回答。ちなみに「いい影響が大きい」と答えたのはわずか10%だった。

「トンラプ再選」を望む人たちの考え

これとは対照的に、自民党、官僚、経済界、自民党に近しいジャーナリストや学者らといった日本の指導者層はおおむねトランプ大統領の再選を希望してきた。

その理由は、安倍首相とトランプ大統領の間には緊密な人間関係が構築されていると日本の指導者層は考えていることもひとつではあるが、中国、ロシア、北朝鮮、および国家安全保障などの問題に関して両首脳の方向性が一致しているという認識があることも挙げられる。

トランプ大統領の再選を好むという意向は、『アメリカン・インタレスト』誌の2020年4月号に掲載され、今では有名となった「中国への対立的な戦略の利点」という題の記事ではっきりと表されている。

正体不明の”日本政府関係者”によって執筆されたこの記事は、「中国が『責任あるステークホルダー』となるようにアメリカが再び中国を甘やかすようになることと比べれば、トランプ大統領の予測不可能で取引を重視したアプローチのほうがまだましである」と主張している。この記事の著者は「民主党政権なら甘やかしかねない」と考えているようだ。

次ページ日本の指導者層が共和党大統領を好む理由
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT