心のこもったあいさつは、威力満点

するべきあいさつより、したくなるあいさつを

あいさつはまず型から

あいさつの習慣を重要視していない親に育てられた子供は、概してあいさつ下手です。成人すれば自然に身に付くだろうと多目にみていた子たちは、大人になってもそのままあいさつ下手でした。その重要性に気づいても、先に触れましたタイミングがつかめないようで、人間は悪くないのに、あいさつが下手なために誤解されている人も、何人か知っています。

あいさつが苦手な人へ。その克服に随分骨が折れるようですが、飯田様がおっしゃるように心を込めてあいさつするのは少し努力がいりますが、ともかくまず型としてあいさつは、素早くできるのがいちばんです。人と会えば反射的に、タイミングを迷わずまずあいさつ。数を重ねるうちにタイミングを覚え、そのうちにあいさつにも心が込められるようになると思います。

あいさつにも人格が出る

確かに年齢を重ねないと理解できないことも、多々ありますね。私が時々お世話になる、いつも忙しい有名料亭の大将と女将さんは、どんなにお店が混んでいるときでも、おふたりで客のお見送りを欠かしません。店の前に立ち、20メートルほど先の角を曲がって客の姿が見えなくなるまで、お見送りされます。

若い頃は多少の営業用のごあいさつとも受け止めて、早く大将たちがお店に戻れるよう、走って角を曲がったりして気を使いましたが、歳を重ねるとおふたりの心からのごあいさつと受け止めることができるようになり、途中と角を曲がるときに、もう一度、私共からもお礼をしてお別れできるようになりました。この心が込もったあいさつを続けておられる大将の料理、女将さんが作る店の雰囲気は、もちろん抜群です。

あるバーのマスターが、「ほかにいっぱい行く店があるが、ここに来てやっている」と毎日来る恩着せがましい常連と、「ここに来るのは本当に楽しみです。楽しく過ごせる場と時間を作ってくれていつもありがとう」と言ってくれるたまにしか来ない客を比べたら、営業的には前者がありがたいが、個人的には断然に後者の方がすてきだと言っていました。お客様は神様だそうですが、この場合の神様のあいさつにも、人格が出ますね。

人間関係の基本中の基本である“あいさつ”について考えました。特に若い方へ。会社の面接や伴侶になった人の家族にまで、「あいさつなしは性格だからわかってください」は通りませんからね!

※ ミセス・パンプキンさんへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。