デキる大人が実践している「あえて夜やる習慣」

成功するためには「朝活」だけでは不十分だった

成功者に共通する効果的な夜の過ごし方とは、いったいどんなものなのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
政府がここ数年で進めてきた「働き方改革」や、新型コロナウイルスの世界的大流行により、ビジネスパーソンの働き方・生き方が変わってきている。
なかでも、自由に過ごせる夜の時間が増えているのは、特筆すべきことだ。ところが、この新しく生まれた「夜時間」をどう過ごせばいいのか、戸惑っている人が多いという。
夜時間を活用することで“世界一の男”をプロデュースしている、『結果を出し続ける人が夜やること』(あさ出版)の著者である後藤勇人氏が、より効果的な夜の活用法・過ごし方を解説する。

結果を出し続けている人に共通する点

これまで数々のいわゆる成功者と呼ばれている方、結果を出し続けている方にお会いしてきました。普段どのような時間の使い方をしているのか、お話を聞くと、多くの人が「朝」の時間をとても大事にされていました。

最も集中力が高まり、静かに誰にも邪魔されずに過ごすことができる「朝」だからこそ、さまざまな考えごと、仕事、取り組みがうまくいくからと。「朝」がいかに大事であるかは、世にたくさんの「朝時間の活用本」が出ていることからも、多くの方がご存じでしょう。

ところが、より詳しくお話を聞いてみると、あえて「夜」に取り組んでいることがあるとわかりました。実際、世界のトップリーダーといわれる人の中にも、「夜はやりたいことがたくさんあるから、できるかぎり予定を入れない」という人が少なくありません。

夜の時間を意識して活用できるかどうか。それが、これからの人生を形づくることは明らかといっていいでしょう。

次ページ仕事スイッチをオフにする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT