2011年新卒の就活にはツイッターが欠かせない?! ECナビが新卒募集をつぶやく

2011年新卒の就活にはツイッターが欠かせない?! ECナビが新卒募集をつぶやく

ネットサービスのなかで今、一番のブームとなっているツイッター(twitter)が、新卒の就職活動にも進出してきた。価格比較サイトなどを手掛けるECナビは、2月にツイッターを活用した新卒採用活動を行うことになった。

同社の宇佐美進典代表取締役が、この1月16日、ツイッターで「ECナビでは2011新卒採用人数は10名の予定ですが、ツイッター経由でのみ募集予定。詳細は来週に。」とつぶやいたところ、予想以上の反響があった。

そこで急遽、採用活動の詳細を整え、21日に、2011年新卒を対象とした社内見学会と懇親会の参加者を募集するとつぶやいた。すでに100件を超える応募が集まっているという。

就活戦線を勝ち残るには、ツイッターをチェックすることも欠かせなくなっているようだ。
(東洋経済オンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。