2011年新卒の就活にはツイッターが欠かせない?! ECナビが新卒募集をつぶやく

2011年新卒の就活にはツイッターが欠かせない?! ECナビが新卒募集をつぶやく

ネットサービスのなかで今、一番のブームとなっているツイッター(twitter)が、新卒の就職活動にも進出してきた。価格比較サイトなどを手掛けるECナビは、2月にツイッターを活用した新卒採用活動を行うことになった。

同社の宇佐美進典代表取締役が、この1月16日、ツイッターで「ECナビでは2011新卒採用人数は10名の予定ですが、ツイッター経由でのみ募集予定。詳細は来週に。」とつぶやいたところ、予想以上の反響があった。

そこで急遽、採用活動の詳細を整え、21日に、2011年新卒を対象とした社内見学会と懇親会の参加者を募集するとつぶやいた。すでに100件を超える応募が集まっているという。

就活戦線を勝ち残るには、ツイッターをチェックすることも欠かせなくなっているようだ。
(東洋経済オンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT