在宅生活で売れまくる「ゲーム用家具」はコレだ

室内テントは売り上げ3倍に

ゲーマーが使うことを想定して作られた家具「ゲーミング家具」が注目されています(写真提供:ビーズ株式会社)

コロナ自粛が長期化する中、テレワーク環境を整えようと、オフィスチェアやデスクが売れている。売り上げを伸ばしている家具ブランドの1つが、「バウヒュッテ」だ。ネット上で見かけたことがある人もいるのではないだろうか。

実はこちら、オフィス家具ではなく「ゲーミング家具」のブランドだ。「ゲーミング家具」とは、ゲーマーが使うことを想定して作られた家具のこと。昨今ゲーム業界が盛り上がるとともに浸透しつつある家具カテゴリーだ。しかしなぜ、ゲーマーをターゲットとする家具が、テレワーク需要で注目されたのだろうか。

ゲーマー用の「ぼっちてんと」が人気化

昨今、eスポーツや家庭用VRが話題となるなどゲームへの注目度が高まっており、長時間プレイするゲーマーが疲れにくいよう設計された「ゲーミングチェア」が人気だ。

そんな流れにいち早く目をつけた同社は、2016年、「ゲーミング家具」をテーマにチェアを皮切りとして座椅子、デスクを発売した。すると、ツイッターを中心に話題となって狙いどおりゲーマーにヒット。「毎年倍々のペースで売上げを伸ばしてきた」と同ブランドプロデューサーの川瀬隼利さんは説明する。

特徴は160にも上る品ぞろえだ。収納ラックやチェアマットのほか、眼鏡やクッション、衣類など、デスク周りに必要なモノが網羅されている。

コロナ自粛の中でとくに注目されたのが、「ぼっちてんと」(参考価格 1万500円、税抜)だ。デスクを丸ごと覆うことができる室内用テントで、遮光性の高い生地を使用しており、作業に集中できる暗室空間を作れる点が特徴。

コロナ禍で注目された「ぼっちてんと」。閉所への愛から生まれた商品だが、テレワーク需要と合致してヒット(写真提供:ビーズ株式会社)

暗闇でゲームに没頭したいゲーマーの定番人気商品だったが、急遽テレワークとなり仕事に集中できない人や、オンライン会議の際にこもりたい人が飛びついた。4月は前年比3倍の売り上げを記録したという。

次ページ設営もポップアップ式で楽々
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT