島津製作所、コロナで事業再編が再注目の理由

育成かそれとも撤退か、航空機器事業の未来

新型コロナウイルスを検出するために新設された検査室(写真:島津製作所)
食品や医薬品、空気、水など、あらゆるものの成分を調べる分析計測機器が主力の島津製作所。PCR検査に使用する試薬を製造しているほか、肺炎診断に使用されるX線検査装置などの医療機器も手掛けている。
その一方、航空需要が落ち込んでいることから油圧制御装置などの航空機器事業は逆風にさらされている。半導体やFPD(フラットパネルディスプレイ)の製造ラインで使われるターボ分子ポンプや真空装置などの産業機器もコロナ不況の影響を受けそうだ。
アフターコロナの世界でどのような経営戦略を練っているのか。島津製作所の上田輝久社長に聞いた。

事業再編を加速させる

――各事業は新型コロナでどのような影響を受けていますか。

航空機器事業は落ちている。旅客需要が落ちたことで航空機を製造するアメリカのボーイングやヨーロッパのエアバス、航空機のエンジンを製造するゼネラル・エレクトリック(GE)などの経営環境が厳しく、業績も悪い。

産業機器分野は自動車業界向けが芳しくない。一方、半導体業界向けはいい。5G関連の部品や機器を製造する産機(産業機器)を手掛けているが、これらが好調で他の工場から人員が応援に駆けつけてフル稼働している状態だ。

新型コロナ対策に直接かかわる医療製品は引き合いが強い。肺炎を診断するためのX線検査装置は、2月に中国の多くの工場が感染防止のため稼働停止を余儀なくされたが、カートタイプのX線検査装置は現地政府からフル生産の要請を受けた。世界的に新型コロナの治療薬やワクチンの開発が進んでおり、その研究を支援するための質量分析計や液体クロマトグラフなども好調だ。

次ページ航空機器事業の再編を加速
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT