京都中心と南部でまったく違う「高速網の役割」

南部のJCT・ICは関西の生産・物流拠点に変化

京都中心部の全景。南部では高速網の整備が進んでいるが、中心部に高速道路は通っていない(筆者撮影)

季節を問わず多くの観光客でにぎわう歴史文化観光都市、京都。京都は大丸、髙島屋(この二つは京都が発祥)、伊勢丹など老舗百貨店が並ぶ商業都市でもあり、東京に次いで多くの大学が集中する学園都市でもある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

さらにワコール、任天堂、京セラ、オムロン、島津製作所など名だたる企業の本社や工場が立地する産業都市でもあり、多くの通勤・通学・買い物客が観光客に混じって移動する。

しかし、その規模の割に鉄道が他の大都市ほど幾重にも張り巡らされた路線網を持っていないだけに、おのずと道路交通の果たす役割が大きい。そんな京都の高速道路事情を考えてみたい。

中心市街地に高速道路が走らない数少ない大都市

東京でも大阪でも、都心のど真ん中を都市高速道路が高架上を走る光景は、すっかり日常に溶け込んでいる。銀座や渋谷、梅田や中之島などでも、高速道路が当たり前のように景観の一部を成している。しかし、よく考えてみると、パリでもロンドンでも街の顔と言える中心街に高速道路が行き交っているという景観は目に入ってこない。

人口100万人を超す日本の12の大都市(東京23区を含む)のうち、市街地の中心部で高速道路の姿を見ないのは、京都市のほかには仙台市くらいであろう。札幌市は都市高速道路はないが、中心部の周縁を札樽道と道央道が走っており、札樽道は北34条の真上をほぼ東西に走っているので、中心市街地に高速道路が走っていると考えてもよいだろう。

仙台市も都市高速道路はなく、仙台駅周辺に高速道路は見られないが、市内のメインストリート、広瀬通りと東北道の仙台宮城ICは青葉山直下を貫く自動車専用道路(仙台西道路)で直結しており、市の中心から高速のICまで10分もかからずアクセスできるので、高速道路がない不便さはそれほど感じられない。こうして見てくると京都市は日本の大都市では高速道路の恩恵とその影響を最も受けていない都市といえるかもしれない。

次ページ宙に浮いた都市計画と高速道路
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT