京都中心と南部でまったく違う「高速網の役割」

南部のJCT・ICは関西の生産・物流拠点に変化

京都中心部の全景。南部では高速網の整備が進んでいるが、中心部に高速道路は通っていない(筆者撮影)

季節を問わず多くの観光客でにぎわう歴史文化観光都市、京都。京都は大丸、髙島屋(この二つは京都が発祥)、伊勢丹など老舗百貨店が並ぶ商業都市でもあり、東京に次いで多くの大学が集中する学園都市でもある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

さらにワコール、任天堂、京セラ、オムロン、島津製作所など名だたる企業の本社や工場が立地する産業都市でもあり、多くの通勤・通学・買い物客が観光客に混じって移動する。

しかし、その規模の割に鉄道が他の大都市ほど幾重にも張り巡らされた路線網を持っていないだけに、おのずと道路交通の果たす役割が大きい。そんな京都の高速道路事情を考えてみたい。

中心市街地に高速道路が走らない数少ない大都市

東京でも大阪でも、都心のど真ん中を都市高速道路が高架上を走る光景は、すっかり日常に溶け込んでいる。銀座や渋谷、梅田や中之島などでも、高速道路が当たり前のように景観の一部を成している。しかし、よく考えてみると、パリでもロンドンでも街の顔と言える中心街に高速道路が行き交っているという景観は目に入ってこない。

人口100万人を超す日本の12の大都市(東京23区を含む)のうち、市街地の中心部で高速道路の姿を見ないのは、京都市のほかには仙台市くらいであろう。札幌市は都市高速道路はないが、中心部の周縁を札樽道と道央道が走っており、札樽道は北34条の真上をほぼ東西に走っているので、中心市街地に高速道路が走っていると考えてもよいだろう。

仙台市も都市高速道路はなく、仙台駅周辺に高速道路は見られないが、市内のメインストリート、広瀬通りと東北道の仙台宮城ICは青葉山直下を貫く自動車専用道路(仙台西道路)で直結しており、市の中心から高速のICまで10分もかからずアクセスできるので、高速道路がない不便さはそれほど感じられない。こうして見てくると京都市は日本の大都市では高速道路の恩恵とその影響を最も受けていない都市といえるかもしれない。

次ページ宙に浮いた都市計画と高速道路
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。