宝塚トンネル渋滞は新名神延伸で解消したか

神戸JCT―川西IC開通の効果を探ってみた

川西―神戸間で開通した新名神高速道路(左上)。神戸ジャンクション(手前)で中国自動車道(右上)と接続する=3月18日午後(共同通信社ヘリから)(写真:共同通信)
どんなに高性能で快適な車を作っても、そして今後自動運転の技術がさらに進歩し、運転免許がなくても誰もが自動車ライフを楽しめる時代になっても、その車を快適に移動させる高速道路が利用できなければ、その魅力は半減してしまう。本連載では高速道路をめぐるさまざまなトピックや課題を、具体的な動きに即して継続的にお伝えする。

東は鉄道、西は高速道路のビッグニュース

この春、関東では鉄道のダイヤ改正が大きな話題となっている。朝ラッシュ時の混雑とノロノロ運転が常態化していた小田急線で、長年続いていた複々線工事が完成し、大幅な列車の増発と所要時間の短縮が実現した。

一方の関西。もちろん関東同様にダイヤ改正でより便利になった鉄道、あるいは斬新な新型列車がお目見えした例(京都の叡山電鉄)もあるが、この春の交通関連のビッグニュースといえば、なんといっても、新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)―神戸ジャンクション(JCT)の開通だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新名神高速道路は、名神高速道路のバイパスとして、名古屋・神戸間を旧東海道・国道1号線に沿ったルートで建設されているもので、四日市JCT~神戸JCT(四日市JCT以東は伊勢湾岸道を介して新東名に接続)のうち、3月18日にこれまで西端だった川西ICと山陽・中国道と接続する神戸JCTまで開通、長らく関西のドライバーを泣かせていた恒常的渋滞区間の緩和に期待が集まっていた。

その渋滞名所とは、テレビやラジオ、あるいは高速道路の渋滞表示で関西のみならず全国的にもすっかり有名になった中国自動車道の「宝塚トンネル」である

次ページ魔の「宝塚」渋滞
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT