宝塚トンネル渋滞は新名神延伸で解消したか

神戸JCT―川西IC開通の効果を探ってみた

川西―神戸間で開通した新名神高速道路(左上)。神戸ジャンクション(手前)で中国自動車道(右上)と接続する=3月18日午後(共同通信社ヘリから)(写真:共同通信)
どんなに高性能で快適な車を作っても、そして今後自動運転の技術がさらに進歩し、運転免許がなくても誰もが自動車ライフを楽しめる時代になっても、その車を快適に移動させる高速道路が利用できなければ、その魅力は半減してしまう。本連載では高速道路をめぐるさまざまなトピックや課題を、具体的な動きに即して継続的にお伝えする。

東は鉄道、西は高速道路のビッグニュース

この春、関東では鉄道のダイヤ改正が大きな話題となっている。朝ラッシュ時の混雑とノロノロ運転が常態化していた小田急線で、長年続いていた複々線工事が完成し、大幅な列車の増発と所要時間の短縮が実現した。

一方の関西。もちろん関東同様にダイヤ改正でより便利になった鉄道、あるいは斬新な新型列車がお目見えした例(京都の叡山電鉄)もあるが、この春の交通関連のビッグニュースといえば、なんといっても、新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)―神戸ジャンクション(JCT)の開通だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新名神高速道路は、名神高速道路のバイパスとして、名古屋・神戸間を旧東海道・国道1号線に沿ったルートで建設されているもので、四日市JCT~神戸JCT(四日市JCT以東は伊勢湾岸道を介して新東名に接続)のうち、3月18日にこれまで西端だった川西ICと山陽・中国道と接続する神戸JCTまで開通、長らく関西のドライバーを泣かせていた恒常的渋滞区間の緩和に期待が集まっていた。

その渋滞名所とは、テレビやラジオ、あるいは高速道路の渋滞表示で関西のみならず全国的にもすっかり有名になった中国自動車道の「宝塚トンネル」である

次ページ魔の「宝塚」渋滞
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。