高速道のSA・PA、思わず目を見張る最新進化

「やむなく立ち寄る施設」ではなくなった

新名神高速道路の新規開通区間に設けられた最新鋭のサービスエリア(SA)である宝塚北SA(筆者撮影)

大型連休も後半に突入した。高速道路を使って帰省したり、旅行や行楽に出掛けたりしている人も少なくないだろう。

ハイウェイドライブに欠かせない休憩施設

高速道路を長時間運転すればハンドルを握る人も同乗者も疲れるし、トイレにも行きたくなる。こうした当然の欲求を満たすために高速道路に配置されているのがサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

SAはおおむね50キロ(北海道では80キロ)ごとに設置され、レストランやガソリンスタンドなどの施設が併設、それを補完するためにおおむね15キロ(北海道では25キロ)ごとに設置されているのがPAで、トイレと自動販売機しかない最小限の施設から、SAに引けを取らない飲食・販売コーナーを設け、工夫を凝らしてご当地の味を提供しているところもある。

SAとPAの境界が以前よりはあいまいになっているのが昨今の特徴であろう。

かつては、SA・PAといえば、全体に殺風景でトイレは清潔とはお世辞にも言えず、レストランもカレーにラーメン、親子丼といった代わり映えしない品揃えがほとんどで、「やむなく立ち寄る」という施設ばかりだった。最近、高速道路を利用されていない方の中には、こうした印象を刷り込まれたまま今に至っている人もいよう。

次ページ変化の大きなきっかけ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。