赤字転落のHIS、「GoToに期待」の厳しい台所事情

コロナ前の順風満帆が一変、膨らむ財務懸念

2002年の東京証券取引所上場以来、初めての最終赤字に転落した旅行大手のエイチ・アイ・エス(記者撮影)

「旅行市場は、本当に大きな打撃を受けている」

旅行会社大手、エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長兼社長は6月24日に行われた決算説明会の席上、足元の市場動向についてこのように語った。

東証上場以来、初の赤字に

HISが発表した2020年10月期上期(2019年11月~2020年4月期)決算によると、売上高は3443億円(前年同期比8.9%減)、営業損益は14億円の赤字(前年同期実績は89億円の黒字)となった。固定資産やのれんの減損損失などにより、当期純利益も34億円の赤字(同49億円の黒字)に膨らんだ。

HISが上期決算で営業赤字を計上するのは、2002年に東京証券取引所に上場して以来初めてのことだ。

もっとも大きな影響を受けたのは、売上高の8割超を占める主力の旅行事業だ。コロナ禍が襲いかかり、3月の旅行総取扱高は前年同月比で20%台に急減。続く4月、5月は同1%台にまで落ち込み、売り上げは事実上消滅した。

旅行に次ぐ収益源である長崎県のテーマパーク・ハウステンボスは、2月末から18日間の臨時休園を余儀なくされ、「変なホテル」などを運営するホテル事業も稼働率が急落した。

次ページ2020年10月期通期も赤字濃厚に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT