中国人の英語習得は日本人と一体何が違うのか

小学生が自習する教材は日本の中学卒業レベル

すると8歳の子どもは、「海外リーグでプロになりたい。そのために英語とサッカーのスキルを磨いています」と答え、9歳の子どもは「英語とサッカーの両方を頑張っています」と胸を張った。親の英語熱はどうやら子どもにしっかり伝わっているようだ。

ちなみに中国の義務教育は9年制で、小学校が6年制、初級中学(日本の中学校にあたる)が3年制と、日本と同じだ。しかし学期は2学期制で、1学期は9月から1月の中旬まで、2学期は2月中旬から7月中旬までとなっている。日本で先日、国を挙げての大論争になった「9月入学」制度は、中国はすでに「導入済み」なのだ。

小学校英語教育義務化当初の状況とは?

2001年に中国が小学校の英語教育を義務化した際、教育部(日本の文科省にあたる)が「英語教育は国民的資質である」と定めたことはすでにお伝えした。その際に発表された英語教育導入の基本方針には、こんな言葉が並んでいる。

「今日の世界では、ITを中心とした科学技術が急速に進歩しています。社会生活の情報化と経済活動のグローバル化により、外国語、とくに英語は、中国の対外開放と国際交流にとってますます重要となっています。外国語の学習と習得は、21世紀の公民にとって基本要求です」

合わせて教育部は、高校までに「読む・聞く・話す・書く」の4技能をしっかり習得することが目標であると明記している。

では導入当時、小学校ではどのように英語の授業をスタートしたのだろうか。

教育部は授業カリキュラムを、1回20分または40分と定め、低学年は20分授業を中心に、5年生以上は40分授業を週2回以上とした。そして教育目標を以下の3つに定めている。

① 英語に対する好奇心や興味を養い、積極的な学習態度を育成し、英語に自信を持たせる
② 英語のリズムやイントネーションに慣れ親しませ、自然な発音を身に付けさせる
③ 英語による日常コミュニケーション能力を養成する
次ページ試験の点数で成績をつけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT