日本と中国「英語を学ぶ環境」の決定的な差

今春ようやく小5から義務化されたが周回遅れ

歴史的な経緯を振り返るとその理由が見えてくる(写真:nonpii/PIXTA)
今年4月は日本の英語教育にとって大改革に向けた華々しいスタートになるはずであった。小学校5年生からの英語教育義務化が予定されていたからだ。しかし、新型コロナウイルスの感染対策で3月から全国一斉休校となり、出ばなをくじかれたかたちだ。一方、実は中国の小学校で英語が義務化されたのは19年前。なぜ日本の英語教育は遅れ、中国は進んだのか。そしてその結果は?
今回から5回の連載で、「英語先進国」中国のこれまでと現在をレポートする。

中国は2001年から小学校に英語教育を義務化

「北京オリンピックで社会の雰囲気が英語を重視するようになって、英語塾も増え、親たちは子どもを留学させるのに熱心になりました」

5回連載で「英語先進国」中国のこれまでと現在をレポートします(画像をクリックすると公開中の連載記事一覧にジャンプします)

こう答えたのは北京の超名門小学校で、英語を4半世紀にわたって教えてきた女性教員だ。

今年1月、早稲田大学の大学院で中国の早期英語教育を研究していた筆者は、卒論の最後の仕上げのために北京で現地調査を行っていた。

当時、北京で新型コロナウイルスに対する警戒感はみじんも感じられず、春節休みに入ったばかりの街中は多くの観光客の姿があった。

春節を前に中国の学校は、1カ月程度の冬休みとなる。インタビューに答えてくれた教員も、その翌日から休暇に入るところだった。

「2001年に英語教育は小学校1年生から義務化となりました。当校では以前から英語を重視した教育を行っていましたが、このころから小学校入学前から英語塾に通う、子どもが増えたと思います」

2001年は2008年の北京オリンピック開催が決まった年だ。この年、中国はWTO(世界貿易機関)への加盟も決まり、天安門事件で国際社会から孤立した状態を巻き返すべく、英語教育に猛然と進むことになった。

さて、今年4月は日本の教育制度にとって大改革のスタートになるはずであった。授業のアクティブラーニング(※)導入、小学校の英語教育やプログラミング教育スタート、大学入試改革もあったが、新型コロナウイルスの感染対策で3月から全国一斉休校となり、すべて出ばなをくじかれたかたちとなった。(※文科省は「主体的・対話的で深い学び」とした)

とはいえ小学校では、5年生から英語が科目として義務化されることになった。小学校の英語教育義務化は、近隣国では中国に遅れること19年、韓国には23年遅れてのスタートだ。

こうした英語教育への取り組みの遅さが、英語能力に反映しているのか、英語を母国語としない人を対象にしたテストである「TOEFL」の国別スコアをみると、日本は2006年以降一貫して中国にリードを許している。

次ページ日本では「英語よりも国語と漢字を学べ」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。